原因は不明なことが多い…OLP(口腔扁平苔癬)の治療方法とは | 新橋歯科医科診療所[痛くない削らない歯医者]

興学会とスウェーデン歯科の取り組み情報サイト

原因は不明なことが多い…OLP(口腔扁平苔癬)の治療方法とは

OLP(口腔扁平苔癬)

癌化することもゼロではない!?口腔内のメンテナンスで重症化を防ぎましょう。

自覚症状がない場合もあるこの「OLP(口腔扁平苔癬)」。治療にも慎重な判断と長期の経過観察が重要です。癌化することもゼロではないため、定期的な歯科医院での歯のメンテナンスを行うことで、口腔内の疾患を予防・早期発見できる重要な手段であることは、この疾患でも言えるでしょう。

「口腔扁平苔癬 (OLP) 」は、口腔粘膜に影響を与える比較的一般的な慢性的な自己免疫疾患です。
OLPは、歯科用修復物との接触による口腔扁平苔癬様(接触性)病変、薬物アレルギー等による口腔苔癬様薬物反応および移植片対宿主病とともに、苔癬型組織反応に属します。

有病率

スウェーデンの人口における OLP の有病率は約 1% です。

平均年齢は55歳で、患者の65%が女性です。

病因

OLPの病因は不明です。病因は免疫系の細胞部門が関与しており、それはこの疾患を特徴づける上皮下浸潤に反映され、Tリンパ球が支配的です。
自己免疫反応の引き金となる特異的な自己抗原はおそらくなく、個人差があります。

臨床所見

OLP は、5 つの異なる臨床形態に分けることができます。

臨床像

  • 丘疹型
  • 網状型
  • 萎縮型
  • 斑状型
  • びらん(潰瘍)型および水疱型

丘疹状、網状、斑状の形態には、通常自覚症状を引き起こさない白い変化が含まれています。白い変化には、上皮下の炎症を反映して、紅斑の背景のさまざまな要素があります。

丘疹状のOLP (画像 1) は、小さな白い乳頭状構造が特徴です。これらは通常、結合して網状のOLPになります (画像 2)。このタイプの OLP は、変更の初期の形式と見なされます。

プラークのような萎縮状のOLP (画像 3) には、線条に加えて、均一な白いプラークもあります。この形態は喫煙者に最もよく見られますが、いくつかの網状要素がプラークを形成した後期型とも考えられています。

斑状型のOLP (画像 4) とびらん(潰瘍)型のOLP (画像 5) は、上皮バリアが影響を受けるという特徴があります。患者は、強いスパイスの効いた食べ物や柑橘類などを食べるのは不快感を訴えます。

びらん(潰瘍)型のOLPは、フィブリンで覆われた大きな潰瘍が特徴です。これらのフィブリンで覆われた傷には、周囲に紅斑も伴います。より末端には正常粘膜に隣接して、白っぽい網目模様がみられます。

OLP(口腔扁平苔癬)_図1
画像1:丘疹状のOLP
 
OLP(口腔扁平苔癬)_図2
画像2:網状のOLP
 
OLP(口腔扁平苔癬)_図3
画像3:萎縮状のOLP
 
OLP(口腔扁平苔癬)_図4
画像4:斑状型のOLP
 
OLP(口腔扁平苔癬)_図5
画像5:びらん(潰瘍)型のOLP
 
OLP(口腔扁平苔癬)_図6
画像6:斑状型のOLP
 
OLP(口腔扁平苔癬)_図7
画像7:舌の網状のOLP
 

診断

OLP の診断は、臨床的特徴と病理組織像に基づいて行われます。しかし、口腔扁平苔癬様(接触性)病変、口腔苔癬様薬物反応、移植片対宿主病などの異なる形態の苔癬様組織反応を組織病理学的検査で区別することはできません。いずれの場合も、PAD反応は、生検部位と炎症活動性により、苔癬様反応、あるいは良性の角化症である可能性があります。後者の場合、臨床像が診断の決め手となります。

ただし、組織病理学的検査は、苔癬様組織反応を他の粘膜変化と区別する場合に役立ちます。
萎縮型のOLP の場合、異形成の程度を臨床的に評価することは不可能であるため、常に生検を行う必要があります。

鑑別診断

  • 口腔扁平苔癬様(接触性)病変: 口腔扁平苔癬様(接触性)病変は、アマルガム充填物またはフィラー(充填剤)の複合材料(コンポジットレジン)との直接接触が発生する可能性がある、頬粘膜、舌の外側境界、および上唇の内側にのみ見られます。

「Lichenoid の接触反応」(coming soon…)に関するファクトシートをご参照ください。

  • 薬剤による苔癬型反応: 薬剤による苔癬型反応は、降圧剤、抗マラリア薬、抗菌薬、金属、非ステロイド性抗炎症薬、利尿薬、経口糖尿病薬、ペニシラミン、抗不安薬、抗レトロウイルス薬など、さまざまな薬剤で起こる可能性があります。
    ほとんどの場合、薬剤を中止して患者に再度暴露しても、苔癬様薬物反応を検出することはできません。

「口腔内の薬の副作用」(coming soon…)に関するファクトシートをご参照ください。

  • 移植片対宿主病: 移植片対宿主病による口腔粘膜の変化は、同種骨髄移植を受けた患者にのみ認められます。そうでなければ、臨床像はOLPと区別できません。
  • 白板症:白板症の白色成分は明瞭に区別され、周辺組織への移行は通常非常に鋭敏です。白板症の周囲には溝がありません。

「白板症」(coming soon…)に関するファクトシートをご参照ください。

  • 粘膜類天疱瘡: このタイプの変化は通常歯肉に生じ、斑状型のOLPに類似しています。粘膜類天疱瘡の典型的な臨床像は、上皮下水疱の存在です。また、一見正常に見える上皮に圧迫や摩擦を与えると、簡単に表皮が剥離したり水疱を生じるようになってしまいます(ニコルスキー現象)。

「粘膜類天疱瘡」(coming soon…)に関するファクトシートをご参照ください。

処置

患者に症状がある場合、クロベタゾールゲルで6週間治療を行う必要があります。

クロベタゾールゲル APL 0.025%

投与スケジュール:

OLP(口腔扁平苔癬)_図8

 

患者に剥離性歯肉炎がある場合、薬物治療を開始する前に口腔衛生を最適化することが重要です。
必要であれば、薬物療法を中止する前に、この用量で約2ヵ月間治療を続けることができます。症状緩和を達成するためには、クロベタゾールの使用量をできるだけ少なくすることが戦略です。しかし、これは重度のOLP患者が減量を試みる前に、数ヶ月間1日1回服用する必要があることを意味します。

予後

リスクは低いものの、OLP で悪性転換のリスクが増加することがいくつかの研究で示されています。 OLP に罹患した患者の約 0.5% が、一生の間に扁平上皮がんを発症しています。

無症候性のOLP患者は、年1回の検診と並行して一般歯科医が管理することができます。
症状のあるOLP患者はクロベタゾールで治療し、6ヶ月ごとに経過観察します。
潰瘍や潰瘍が14日以内に自然治癒しない場合は、医院に連絡する必要があります。


参考文献

Axell T. スウェーデンの成人集団における口腔粘膜病変の有病率研究。歯学レビュー。補足 1976; 36: 1-103.
Salonen L、Axell T、Hellden L. スウェーデンの成人集団における口腔粘膜病変の発生、喫煙習慣の影響、および治療時間の推定。 J Oral Pathol Med 1990; 19:170-6.
Al-Hashimi I、Schifter M、Lockhart PB 他。口腔扁平苔癬および口腔苔癬様病変:診断および治療上の考慮事項。 Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol Endod 2007; 103 Suppl: S25 e1-12.
Lodi G、Scully C、Carrozzo M 他。口腔扁平苔癬における現在の論争: コンセンサス会議に関する報告。パート 1. ウイルス感染と病因。 Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol Endod 2005; 100: 40-51.
Lodi G、Scully C、Carrozzo M 他。口腔扁平苔癬における現在の論争: コンセンサス会議に関する報告。パート 2. 臨床管理と悪性転換。 Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol Endod 2005; 100: 164-78.

ブログ一覧ページへ戻る

医療法人財団興学会
新橋歯科医科診療所

新橋歯科医科診療所ビル

新橋歯科医科診療所ビル2

住所:〒105-0004
東京都港区新橋4-9-1 新橋プラザビル2階

アクセス:JR新橋駅から徒歩3分

電話番号:03-3437-3880

駐車場:近隣のコインパーキングをご利用ください

ご利用可能カード

  • VISA
  • mastercard
  • JCB
  • Nicos
  • UFJcard
  • AMERICAN EXPRESS
  • Diners Club INTERNATIONAL
午前 9:30 ~
午後 1:00
×
午後 2:00 ~
午後 6:30
×

○歯科診療/ダイエット外来/ボトックス外来/点滴外来

スタッフ募集中 採用に関する情報はこちら

提携・加盟団体

当院では、歯科医療に関わる様々な企業・組織団体に提携・加盟し、
得られた知識・技術を治療に活かしています

  • 一般財団法人 日本スウェーデン歯科学会

  • 特定非営利活動法人 日本歯周病学会

  • 公益社団法人 日本口腔インプラント学会

  • TOKYO DENTAL COLLEGE 東京歯科大学

  • GOTEBORGS UNIVERSITET

  • 東京大学大学院 医学系研究科・医学部

  • 公益社団法人 日本口腔外科学会

  • Medical Note

トップへ戻る

お急ぎの方、直接相談
したい方はお気軽に
お電話ください

000-000-0000

受付時間:10:00~17:00

資料請求をご希望の方はこちら

お問い合わせフォームはこちら

閉じる