放置しないで!痛みを伴う顎関節症(顎機能障害)の薬物治療の手段とは | 新橋歯科医科診療所[痛くない削らない歯医者]

興学会とスウェーデン歯科の取り組み情報サイト

放置しないで!痛みを伴う顎関節症(顎機能障害)の薬物治療の手段とは

痛みを伴う顎機能障害の薬理学的治療

顎の痛みから頭痛やめまいなどの全身の不調にまで…自身に合う薬物治療を見つける

顎関節症には、日常生活に支障が出る場合や生活の質に影響を与える場合も少なくありません。また、顎が痛い場合は、痛みに対するストレスがとても大きいと思いますが、痛くなくても症状がある場合も、違和感を抱えながらの日常生活は辛いものです。
なかなか改善しないなど、症状も深刻になる場合が多いですが、その痛みや症状を緩和させるために、薬剤を用いたさまざまな治療法があるようです。

主題の詳細な研究については、ファクトシートを参照してください: 痛みを伴う顎機能障害(うつ病)の薬理学的治療(詳細な研究)(coming soon…)

顎関節(TMJ)の痛みと機能障害(顎関節症:TMD)は、多因子性の背景を持つ疾患です。薬物治療を含むいくつかの異なる治療法が提案されています。薬物治療は、口腔顔面領域に痛みを伴う他のほぼすべての患者に使用されます。ただし、口腔顔面痛の薬物治療のエビデンスは低いです。臨床診療では、薬理学的製剤を使用する場合、有効性、副作用のリスク、患者の嗜好、コストなどが考慮されます。たとえば、抗炎症薬、NSAID、または関節内に注射用のコルチゾール(またはコルチゾン)を一時的に使用する必要がある場合があります。薬物使用過多による頭痛(薬物誘発性頭痛・薬物乱用頭痛)は、頭痛患者を評価する際に考慮すべき鑑別診断です。

生物心理社会的な観点から患者を評価することで、診断と治療計画が容易になります。TMDの患者は、さまざまな健康問題の病歴がある可能性があります。そのため、さまざまな治療法により同等の結果が得られる可能性があります。これは、治療効果が少なくとも一部は非特異的要因に関連していることを示唆しています。

薬理学的製剤

パラセタモール

パラセタモール(日本名:アセトアミノフェン)には鎮痛作用と解熱作用があり、主に中枢神経系内で作用します。薬の抗炎症作用は弱いです。パラセタモールは無害な物質ではないため、特にアルコールとの大量併用など、臨時処方を避けることが重要です。

各地方自治体の薬剤に関する推奨事項を守ること。

投与量

  • 12歳以上40kgの大人と子供:例:アルベドンパノジル(500 mg)、500-1000 mg 1~4回/日。最大1日量4g。
  • 子供:10-15mg/kg 4回/日。

推奨

パラセタモールの顎関節症に対する鎮痛効果は低~中程度です。NSAIDsと比較して効果が低いため、パラセタモールは、副作用のリスクがあるために患者にNSAIDsを推奨できない状況でのみ費用対効果があります。

推奨6:社会保険庁の国内ガイドライン

NSAIDs(COX阻害剤)

NSAIDsには、古典的なNSAIDs(非選択的NSAIDs)と新しいCOX阻害剤の両方が含まていまする。非選択的NSAIDsには、例えば、ナプロキセンとイブプロフェンがあります。それらはパラセタモールの補足として使用することができます。 NSAIDsは末梢神経系と中枢神経系に影響を及ぼします。

NSAIDsには、抗炎症作用、鎮痛作用、解熱作用があります。 COX阻害剤は、怪我や炎症の際にプロスタグランジンの増加により生成され、体自身の産生を阻害することによって機能します。

COX阻害剤は出血時間を延長し、出血傾向が高い患者には不適切です。胃潰瘍を患っている患者では、薬剤が胃粘膜を保護する身体の能力を損なうため、避ける必要があります。胃粘膜を保護するために、例えばオメプラゾール(商品名:Losec)などのPPI(プロトンポンプ阻害薬(剤))を胃粘膜として使用することができます。腸溶錠は、胃液から錠剤を保護する層でコーティングされているため、代わりに腸で溶けるようにできています。

各地方自治体の薬剤に関する推奨事項を守ること。

ナプロキセン

  • 大人:例:Naprosyn® Entero(腸内錠剤250mg / 500mg)またはPronaxen®(錠剤250mg / 500mg):250-500mgを1日2回。最大1000mg/日。
  • 子供:急性の痛みを伴う子供にはお勧めしません。

イブプロフェン

  • 12歳以上の成人および青年:例:イブプロフェン(200mg / 400mg錠):200-400mg1-4回/日。最大1200mg/日。
  • 子供:20kgから:200mgを1日1~3回。 7 kgから:単回投与として5~7.5 mg / kg体重、または1日あたり20~30 mg / kg、3~4回に分けて。

推奨

  • NSAIDsによる治療は痛みに対して中程度の効果がある。
    • 推奨5:社会庁の国内ガイドライン
  • 変形性関節症および全身症状を伴う関節炎の痛みは、NSAIDsまたはコキシバールで少なくとも約30%軽減する(SBUエビデンスレベル1)。
  • 顎関節の痛み(関節痛)に対しては、抗炎症薬(NSAIDs)による治療は、痛みに対する短期的な効果は中程度であり、隙間を作る能力に対する中程度の効果。
    • 推奨4:社会庁の国内ガイドライン
  • 有症の変形性関節症に対して、抗炎症薬(NSAIDs)による治療は、痛みと日常生活に対して中等度の効果がある。
    • 推奨6:社会庁の国内ガイドライン
  • 関連する炎症性疾患を伴う顎の関節炎では、抗炎症薬(NSAIDs)は顎の関節痛の強さに対して短期的には中等度の効果がある。
    • 推奨4:社会庁の国内ガイドライン
  • 顎関節症(顎機能障害)に関連する頭痛では、抗炎症薬(NSAIDs)による治療は痛みに対して小~中等度の効果がある。
    • 推奨5:社会庁の国内ガイドライン

NSAIDsと併用したストレッチ

非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)と併用したストレッチ(顎のストレッチ)は、痛みを和らげ、日常生活動作能力(ADL)を向上させるだけでなく、隙間を作る能力を高めることができます。重度の顎関節機能障害と再発のない長期的な関節円板前方転位を有する患者は、以前の病状の再発のない軽度の機能障害と短期的な関節円板前方転位を有する患者よりも良い治療結果をもたらす可能性があります。

推奨

再発を伴わない有症の関節円板前方転位において、補助療法としてのストレッチは、顎の痛みに対して小さな効果、隙間を作る能力に対して中程度の効果、全体的な生活の質(QOL)の改善に対して中程度の効果がある。

推奨4:社会庁の国内ガイドライン

NSAIDsまたはサリチル酸クリーム

推奨

顎の筋肉痛(筋・筋膜性疼痛症候群)では、NSAIDsまたはサリチル酸クリームによる局所治療は、痛みと触診によるの痛みにほとんど効果がありません。

推奨8:社会庁の国内ガイドライン

オピオイド鎮痛薬

推奨

激しい痛みの場合、またはパラセタモールやNSAID(COX阻害剤)では痛みの緩和が不十分な場合、モルヒネ、オキシコドンのような中枢神経への鎮痛薬で補うことができます。モルヒネはオピオイド受容体作動薬の原型です。バイオアベイラビリティは15~65%の間で変動し、個別の用量調整が必要です。すべてのオピオイドは依存症を発症するリスクがあり、長期の治療後に段階的に廃止する必要があります。急性の痛みでは、ほとんどの場合、オピオイド治療は3~5日以内に中止でき、その後、漸減は必要ありません。

侵害受容性疼痛、内臓痛、体性痛、関節痛に対しては、オピオイドは過度の副作用を引き起こすことなく痛みを和らげることができます。痛みのパターンに神経障害性疼痛がある場合、オピオイドの効果は限られています。痛みを伴う顎関節症(顎機能障害)の場合、オピオイドの処方が必要になることはまれです。

各地方自治体の薬剤に関する推奨事項を守ること。

推奨

  • 特に指定のない顎機能障害(TMD UNS)に対しては、弱いオピオイドによる治療で軽度から中等度の疼痛緩和が得られる可能性がある。
    • 推奨8:社会庁の国内ガイドライン
  • 有症の顎関節症(TMD UNS)において、モルヒネを関節内に投与することは、顎関節の痛みと隙間を閉じる能力に対して、短期的には小さな効果がある。
    • 推奨9:社会庁の国内ガイドライン

糖質コルチコイドによる関節内注射

糖質コルチコイドには、最も重要な抗炎症薬がいくつかあります。糖質コルチコイドには、細胞内の糖質コルチコイド受容体に影響を与える天然または合成物質が含まれます。これは、副腎で形成されるステロイドホルモンの一群です。この一群で最もよく知られている薬であるコルチゾンは、さまざまな炎症性疼痛の治療に長い間使用されてきました。

物質の例: デポ・メドロール兼リドカイン(40mg / ml + 10mg / ml)

推奨

  • 顎関節の痛み(関節痛)の場合、関節内に投与される糖質コルチコイドによる治療は、痛みと開口の能力に中程度の効果がある。
    • 推奨5:社会庁の国内ガイドライン
  • 関連する炎症性疾患を伴う上顎の関節炎では、関節内投与された糖質コルチコイドは、痛みと触診の痛みに中程度の効果があり、咬合の能力には小さな効果があり、全体的な改善には中程度から高い効果がある。
    • 推奨3:社会庁の国内ガイドライン
  • 有症の変形性関節症では、関節内投与された糖質コルチコイドは、痛みに対して中程度の効果があり、隙間を作る能力に対しては小さな効果がある。
    • 推奨7:社会庁の国内ガイドライン

注射での局所麻酔薬

筋骨格系の痛みは、しばしば関連痛を伴います。関連痛とは、身体のある部分に限局した侵害受容性疼痛のことで、その部分から継続的な侵害受容性の流入はありません。たとえば、顎の筋肉の痛みは、歯に関連痛を引き起こす可能性があります。筋肉のトリガーポイントを触診すると、関連した歯の痛みが引き起こされる可能性があります。歯が刺激されても、関連痛は増加しません。痛みの原因が歯である場合、痛みを伴う歯への麻酔は痛みを和らげることができます。したがって、局所麻酔薬は診断目的で使用できるということです。

ボツリヌス毒素治療(療法)

ボトックスとも呼ばれるボツリヌス毒素は、強力な筋弛緩作用を持つ神経毒です。それは注入された筋肉の神経インパルスを遮断することによって機能し、次に筋肉の収縮を抑えます。効果は徐々に減少し、約3か月後に消えます。

推奨

  • 顎の筋肉痛(筋・筋膜性疼痛症候群)では、ボツリヌス毒素による治療は痛みへの効果は低いです。歯科治療は、ボツリヌス毒素による顎の筋肉痛の治療は避けるべきです。
    • 推奨10:社会庁の国内ガイドライン
  • 咬筋肥大症では、ボツリヌス毒素による注射の効果を評価する根拠はありません。
    • 推奨される研究開発:社会庁の国内ガイドライン

ジアゼパム

ジアゼパムは、ベンゾジアゼピン系薬剤と呼ばれる薬のグループに属しています。それらは鎮静剤および抗けいれん剤(けいれんを制御するため)として、または緊張した筋肉をリラックスさせるために使用されます。それらは中毒性が高く、特にオピオイドを同時に使用することは避ける必要があります。

推奨

顎の筋肉痛(筋・筋膜性疼痛症候群)のジアゼパムによる治療は、痛みと臨床的対策への効果が非常に少ないです。ジアゼパムは副作用と関連しており、依存症のリスクがあるため、長期治療は避ける必要があります。歯科治療では、ジアゼパムの処方を避ける必要があります。

推奨10:社会庁の国内ガイドライン

抗てんかん薬と抗うつ薬

様々な鎮痛薬は一般的に、急性疼痛よりも慢性疼痛(長期化した疼痛)に対して効果が低いです。その理由のひとつは、中枢性疼痛の調節障害であると考えられます。

明確な侵害受容性/炎症性疼痛の要素を伴わない長期疼痛に対する薬物治療の有効性が証明されている薬剤は少数です。特定の抗うつ薬、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)、三環系抗うつ薬(TCA)が最も効果的であるように思われます。なぜなら、これらの薬物は、抗うつ効果をもたらさない用量であっても、下行性疼痛抑制系の活性に対して刺激作用を発揮するからです。ベンラファキシン(例: Efexor® Depot )またはデュロキセチン(例: Cymbalta(サインバルタ) )を含む医薬品は、SNRIグループに属します。クロミプラミン(例:アナフラニール)、アミトリプチリン(例:サロテン®)、ノルトリプチリン(例:センサバル)を含む薬剤は、TCAグループに属します。

抗てんかん薬は、疼痛システムのニューロンの過活動を軽減すると考えられています。長期の痛みに使用される抗てんかん薬の例は、ガバペンチン(例: Neurontin® )とプレガバリンLYRICA(リリカ) )です。

推奨

  • 線維筋痛症の疼痛は、三環系抗うつ薬によって中等度に緩和される(SBUエビデンスレベル2)。
    一般的な痛みに関連する顎の筋肉痛に対しては、三環系抗うつ薬は疼痛に対して中等度の効果を有する。
    • 推奨4:社会庁の国内ガイドライン
  • 持続性特発性顔面痛(PIFP)は、病状やその他の痛みの原因が見つからない場合に発生します。現在の痛みが歯の領域にある場合、それは非定型歯痛と呼ばれます。特発性の顔面痛および非定型歯痛では、三環系抗うつ薬による治療効果はわずかである。
    • 推奨8:社会庁の国内ガイドライン
  • 持続性特発性顔面痛(PIFP)および非定型歯痛では、抗てんかん薬による薬物治療が痛みに中程度の効果をもたらす。
    • 推奨4:社会庁の国内ガイドライン

カプサイシン軟膏とリドカイン軟膏

カプサイシンは唐辛子の果実に含まれる有効成分です。唐辛子の辛味は果実に含まれるカプサイシンの量によって異なります。カプサイシンは、民間療法では興奮剤などとして使用されてきました。実際には鎮痛剤です。カプサイシンは一次求心性線維のC線維のサブスタンスPを空にすることができるため、局所塗布は鎮痛効果があります。サブスタンスPは、末梢から中枢神経系への痛みインパルスの伝達に関与し、炎症プロセスにおいて重要な役割を果たしています。

推奨

  • 持続性特発性顔面痛(PIFP)および非定型歯痛では、カプサイシンまたはリドカインによる局所療法は、痛みに低から中程度の効果がある。
    • 推奨6:社会庁の国内ガイドライン
  • 顎関節の痛み(関節痛)では、カプサイシンによる局所療法は、痛みに対して中等度から一時的な効果があるが、全体的な改善、日常生活動作、隙間を閉じる能力、鈍痛にはほとんど効果がない。
    • 推奨8:社会庁の国内ガイドライン

薬物相互作用に関する詳しい情報は、Janusinfoをご参照ください。

参考文献

Forssell H、Alstergren P、Bakke M、BjörnlandT、JääskeäinenSK。持続的な顔の痛みの状態。歯科雑誌。 2016 120(2)、138-144
リストT、ジェンセンRH。 Temporomandibulat障害:古い考えと新しい概念。頭痛2017年6月;37(7):693-704

抗てんかん薬と抗うつ薬

Rhodin A(ed。)臨床診療における痛み。学生文学、2019年。

ボツリヌス毒素

FASS。ボトックス。 2021.取得元:https://www.fass.se/LIF/product?userType = 2&nplId = 2008062600015&docType = 7&scrollPosition = 374

カプサイシンクリーム

Norrbrink C、Lundeberg t(ed。)痛みについて-生理学的観点.p.139。

ジアゼパム

Rhodin A(eds。)、Augustini S、Bothelius K、Butler S、Gordh T、Hysing EB、etal。臨床診療における痛み。第2版。ルンド:Studentlitteratur; 2019年。

関節内糖質コルチコイド

Forssell H、Alstergren P、Bakke M、BjörnlandT、JääskeäinenSK。持続的な顔の痛みの状態。 Tandlaegebladet 2016 120(2)、138-144。
Häggman-HenriksonB、Alstergren P、Davidson T、HögestättED、ÖstlundP、Tranaeus S、Vitols S、ListT.口腔顔面痛の薬理学的治療-ネットワーク分析による系統的レビューを含む健康技術評価。 Jオーラルリハビリ。 2017年10月;44(10):800-826
Werner M、メンバーI(ed)。痛みと痛みの治療。 Liber、2010年。

局所麻酔薬、注射

Kosek E、Lamp L、Nisell R(編)。痛みと炎症、学生文学、2016年。

NSAIDs(COX阻害剤)

Forssell H、Alstergren P、Bakke M、BjörnlandT、JääskeäinenSK。持続的な顔の痛みの状態。歯科雑誌。 2016 120(2)、138-144。

NSAIDsまたはサリチル酸クリーム

Rignell L、Mirshahi S、Isaksson L(編)。歯科治療薬2020-2021。
Werner M、メンバーI(ed)。痛みと痛みの治療。 Liber、2010年

オピオイド

時計リスト2020
Skånelistan2020
Rhodin A(ed。)臨床診療における痛み。学生文学、2019年。

パラセタモール

Rignell L、Mirshahi S、Isaksson L(編)。歯科治療薬2020-2021。
Rhodin A(ed。)臨床診療における痛み。学生の文学。 2019年。

NSAIDsと組み合わせたストレッチ

水口H、久保木T、前川K、松香Y、矢谷H.自己申告による寛解、困難、および縮小せずに前椎間板変位を治療するために使用される非外科的治療に対する満足度。 Oral Surg Oral Med、Oral Pathol OralRadiolEndod。 2004; 98:435-40。
Ismail F、Demling A、Hessling K、Fink M、Stiesch-ScholzM.関節性TMDの治療におけるスプリント療法と比較した理学療法の短期効率。 Jオーラルリハビリ。 2007; 34:807-13。
湯浅H、栗田K、顎関節症治療群。顎関節椎間板変位の縮小および骨変化を伴わない一次治療のランダム化臨床試験:NSAIDと口を開ける運動の組み合わせと無治療の比較。 Oral Surg Oral Med、Oral Pathol OralRadiolEndod。 2001; 91:671-5。

ブログ一覧ページへ戻る

医療法人財団興学会
新橋歯科医科診療所

新橋歯科医科診療所ビル

新橋歯科医科診療所ビル2

住所:〒105-0004
東京都港区新橋4-9-1 新橋プラザビル2階

アクセス:JR新橋駅から徒歩3分

電話番号:03-3437-3880

駐車場:近隣のコインパーキングをご利用ください

ご利用可能カード

  • VISA
  • mastercard
  • JCB
  • Nicos
  • UFJcard
  • AMERICAN EXPRESS
  • Diners Club INTERNATIONAL
午前 9:30 ~
午後 1:00
×
午後 2:00 ~
午後 6:30
×

○歯科診療/ダイエット外来/ボトックス外来/点滴外来

スタッフ募集中 採用に関する情報はこちら

提携・加盟団体

当院では、歯科医療に関わる様々な企業・組織団体に提携・加盟し、
得られた知識・技術を治療に活かしています

  • 一般財団法人 日本スウェーデン歯科学会

  • 特定非営利活動法人 日本歯周病学会

  • 公益社団法人 日本口腔インプラント学会

  • TOKYO DENTAL COLLEGE 東京歯科大学

  • GOTEBORGS UNIVERSITET

  • 東京大学大学院 医学系研究科・医学部

  • 公益社団法人 日本口腔外科学会

  • Medical Note

トップへ戻る

お急ぎの方、直接相談
したい方はお気軽に
お電話ください

000-000-0000

受付時間:10:00~17:00

資料請求をご希望の方はこちら

お問い合わせフォームはこちら

閉じる