咬合の状態を歯科医が診る際の重要な基準。「Angle(アングル)」とは | 新橋歯科医科診療所[痛くない削らない歯医者]

興学会とスウェーデン歯科の取り組み情報サイト

咬合の状態を歯科医が診る際の重要な基準。「Angle(アングル)」とは

矢状偏差

自分の噛み合わせはどんな状態!?不正咬合の分類により正しい治療方法を見極める

咬合の異常により、噛み合わせへの違和感や不快感を持つ人は、食べることや会話などの日常生活にも支障が出ることも少なくありません。
しかし、今回の分類が示すように、患者個人の判断や見た目の咬合だけでは的確な評価はできません。
噛み合わせの異常をしっかりと診断してもらい、正しい治療を受けることが大切です。

アングルによる不正咬合の分類は、次の通りです。

  • Angle I 級 ・・・・・叢生、歯性上下顎前突
  • Angle II 級 1 類 ・・上顎前突(出っ歯)
  • Angle II 級 2 類 ・・過蓋咬合
  • Angle III 級・・・・・下顎前突(受け口・反対咬合)、前歯反対咬合

その異常は、骨格的なもの、歯列的なもの、あるいはその両方が組み合わさったものです。前歯反対咬合(受け口)を伴う下顎前突は、疑似クラスIIIとも呼ばれます。思春期の集団では、隠れ受け口の有病率は約14~26%であり、前歯反対咬合の有病率は0.5~5%です。

原因

理由は多因性ですが、たとえば次の原因が考えられます。

  • 長時間のおしゃぶり(開咬)または指しゃぶり(出っ歯)(正常咬合後)
  • 顎関節の若年性特発性関節炎(JIA)、骨折(正常咬合後)、または口蓋の瘢痕組織によるもの(正常咬合)など、下顎や上顎の成長に影響を与える疾患または状態
  • 遺伝的原因

症状

Angle II 級 1 類 ・・上顎前突(出っ歯)

  • 耐摩耗性の低下
  • 唇の閉鎖が不十分
  • 上顎中切歯による頬側歯肉の脱水。これは歯肉肥厚(口唇閉鎖不全症)につながる可能性がある
  • 審美の低下
  • 上顎中切歯の上の口蓋に歯肉刺激がある(上顎前突が大きく水平的距離の咬合が深い)
  • 発語への影響
  • 偏位は拮抗歯の接触が通常より少ないことを意味し、歯を失った場合の咬合機能低下のリスクを高める
  • 上唇が前歯を保護しないため、上顎前突が大きい子供や青年の外傷のリスクも高くなる

Angle II 級 2 類 ・・過蓋咬合

  • 耐摩耗性の低下
  • 審美の低下
  • 発語への影響
  • 強制的な前歯の移動は、下顎の1つまたは複数の切歯に外傷性咬合(咬合性外傷を起こしやすい噛み合わせ)を引き起こす可能性がある。これらの歯は歯槽突起の中で頬側に移動し、歯肉退縮を引き起こすことがある。

臨床所見

Angle II 級 1 類 ・・上顎前突(出っ歯)

側方断面の上顎歯は、正常な関係であるAngle class Iの咬合と比較して、下顎歯に比べて犬歯幅が半分以上ずれています。

上顎切歯は傾斜または反対側に傾斜しています。これが、正常咬合後の咬合を2つのサブグループに分類する根拠となる、Angle II 級 1 類(画像1)とAngle II 級 2 類(画像2)です。

矢状偏差_図1
画像1-Angle II 級 1 類では、上顎切歯は傾斜しています。つまり、外側に傾いています。これにより、通常、オーバージェット(水平的距離)が拡大します。
 
矢状偏差_図2
画像2-Angle II 級 2 類では、すべての上顎切歯、または11と21のみが内側に傾いています。
 

Angle III 級・・・・・下顎前突(受け口・反対咬合)、前歯反対咬合

下顎歯は正常な関係(Angle I 級)に比べ、側方断面において上顎歯に対して近心側に半分以上ずれています。

矢状偏差_図3
画像3-前歯反対咬合と、しばしば交叉咬合(上下の歯の咬み合わせが横方向へずれてしまっている状態)と開咬(オープンバイト)。
 

ほとんどの場合、偏差は交叉関係の偏差(反転)に関連付けられています。

  • 強制移動を伴わない完全な下顎前突とは、骨格性の不正咬合(最も一般的)、または歯列不正の結果として、あるいは歯列不正と合併して、すべての上顎切歯が下顎切歯より内側に咬合している状態を意味する。
  • 強制的な誘導を伴う完全な下顎前突とは、上顎切歯がすべて下顎の内側に咬合し、下顎が前方に位置することを意味します。 咬合干渉のため、最大限の歯牙接触を得るためには、下顎より前方にスライドさせる必要があります。噛み合わせの位置は、前歯を端から端まで咀嚼することで得ることができます。

検査

  • 顎の強制的な偏位と非強制的な偏位を鑑別・診断するためには、臨床検査を行い、患者のRPとIPの間に強制が存在するかどうかを評価するための臨床検査が必要です。
  • 基底異常か歯槽骨の異常かを判断し、異常が上顎または下顎にあるかどうかを診断するには、プロファイルX線の分析が必要です。

治療

成人の不正咬合の治療の目的は次のとおりです。

  • 上顎前歯唇側傾斜の正常化
  • 水平的異常(交叉咬合(オーバージェット))の正常化
  • 咀嚼および咀嚼機能の改善
  • 異常による心理社会的問題の軽減

矯正治療は、第一大臼歯または第二大臼歯以降のすべての歯に固定式装置を装着して行います。治療範囲は上顎と下顎の両方に及びます。剛性を高めた金属製のアーチがが、それぞれの顎の歯を連結します。治療には、片方または両方の顎の歯を抜く必要がある場合と、力を加えるために顎骨に固定ネジを挿入する必要がある場合があります。

治療期間は、偏位の程度や個々の歯にかかる力に対する反応にもよりますが、およそ1年半から2年半です。

正常咬合後の治療では、付随する装置を以下のような機能的要素と組み合わせることができます。

  • 上顎内対策 – 上顎第1象限および第2象限の小臼歯の抜歯との併用。上顎の突出は、それぞれの象限内で、エラスティックまたはスチールスプリングにより減少させます。この機能により、前歯の小臼歯が後方に引っ張られます。
    臼歯が前方に移動するのを防ぐため、これらの歯は必要に応じて仮固定インプラント/スクリューなどで固定します。
  • 顎間牽引療法(クラスⅡ) – 上顎と下顎の間にエラスティックを装着し、上顎の突出を抑えます。
  • 伸縮装置 – 固定式装具に取り付けられた顎の間のさまざまな伸縮装置により、下顎を前傾位にします。上顎と下顎のすべての歯が移動し、下顎が多かれ少なかれ前方に成長することで、上顎前突が軽減されます。

正常な混合歯列期後の異常の治療については、ファクトシートをご参照ください:オーバーバイトは子供のうちに改善しましょう!審美的だけではない、口腔内のリスクも含めた優先的治療を

強制的な誘導を伴う完全な前歯部転位を伴う上下顎前突は、多くの場合、固定装置(上記参照)またはクラスプ形式の取り外し可能な装置で軽減することができます。この治療は、思春期の早期咬合に最も効果的です。ただし、最初にプロファイルX線画像を分析して、いわゆるクラスIIIの指標があるかどうかを判断する必要があります。そうしないと、後にまったく必要のない治療が行われ、治療結果がすべて逆戻りしてしまうという大きなリスクがあるからです。

顎間牽引療法(クラスIIIの牽引)による治療は、下顎の前歯を後部に、上顎の前歯を前方向に移動させることを目的としています。

治療結果は、特に以下に大きく左右されます。

  • 偏位の程度
  • 切歯の傾斜
  • 垂直的異常(過蓋咬合(オーバーバイト)、開咬)

疑わしい場合、特に不正咬合が骨格異常によるものである場合は、代わりに外科的矯正を検討する必要があります。

外科的治療

より重度の咬合異常は、顎のズレが原因であることが多く、顎の手術を含む集学的治療が必要となります。矯正治療は通常、手術の約1~1.5年前に開始し、手術の約6ヵ月後に終了します。外科治療中は、矯正装置を使用して咬合創を固定します。

ファローアップ

研究と臨床経験から、治療により水平的異常(交叉咬合(オーバージェット))の正常化と口唇閉鎖不全症の正常化を示しています。

既存の研究では、成人に対する治療効果を子供や青年に対する治療効果とは別に評価することはできません。

すべての歯科矯正治療の後、再発を防ぐために保持装置による保持期間が必要です。保持装置は取り外し可能または接着することができます(通常は前歯の口蓋表面に)。

再発は起こりますが、個人レベルで予測することはできません。長期的な安定性を予測することは困難であり、成人期であっても、一部は顎の自然な骨再形成、一部では病気が原因により、咬合に変化が生じます。

国家ガイドライン 2021

推奨スケールに応じた優先度4
症状:大きな水平的異常(交叉咬合(オーバージェット)と筋肉の緊張による口唇閉鎖不全を伴う正常咬合後の子ども
処置:早期矯正治療(混合歯列期)

対応の効果:
大きな水平的異常(交叉咬合(オーバージェット))と筋肉の緊張による口唇閉鎖不全を伴う正常咬合後の子どもでは、遅延治療(永久歯列期)と比較して、

  • おそらく治療終了後の前歯部外傷の発生率が低い(OR 0.56、95%CI 0.33;0.95)(中程度の信頼度)。
  • 治療終了後のオーバージェットの減少におそらく差はない(MD 0.21、95%CI -0.10;0.51)(低信頼度)。
  • 治療終了後のANBの減少におそらく差はない(-0.02, 95% CI -0.47; 0.43)(中程度の信頼性)。

評価:
この状態は難易度が高く、3が最高ランクになります。前歯の外傷の数は、後の治療よりも早期の治療の方が少なくなり、得られる効果ごとにコストは中程度であると判断されます。

詳細については、社会庁のWebサイトをご覧ください。

推奨スケールに応じた優先度4
症状:大きな水平的異常(交叉咬合(オーバージェット)と筋肉の緊張による口唇閉鎖不全を伴う正常咬合後の子ども
処置:歯科矯正器具による上顎前突の軽減

対応の効果:
上顎前突の減少(高度の信頼性)

評価:
この状態は、口腔の健康に大きな影響を及ぼします。つまり、この状態の最高ランクは3です。上顎前突の矯正は良い効果があり、したがって口腔の健康にプラスの効果を与える機会があります。得られた効果あたりのコストは中程度と評価されます。治療の効果は、科学的根拠の支援を受けて評価されています。

詳細については、社会庁のWebサイトをご覧ください。


参考文献

Alvares JC、CançadoRH、Valarelli FP、de Freitas KM、AnghebenCZ。成長ピーク後の患者におけるHerbst器具によるクラスII不正咬合治療。デンタルプレスJオーソド。 2013年9月-10月;18(5):38-45。
ノースカロライナ州ボック、Ruf S.成人のクラスIIディビジョン1ハーブスト治療における歯骨格の変化–保持期間後にどれだけ残っていますか? EurJOrthod。 2012年12月;34(6):747-53。
Busby BR、Bailey LJ、Proffit WR、Phillips C、White RP Jr.外科的クラスIII治療の長期安定性:5年間の術後結果の研究。 IntJ成人OrthodonOrthognathSurg。 2002年秋;17(3):159-70。
チェ・SH、チャ・JY、パク・HS、ファン・CJ。口腔内垂直ラムス骨切り術は、下顎突顎および前開咬症の患者に良好な長期下顎安定性をもたらします。 Jオーラルマキシロファクサージ。 2016年4月;74(4):804-10。
Cobourne M、DiBiase A.矯正歯科ハンドブック、第2版;エルゼビア2015:
Javed O、BernabéE.クラスI、II、IIIの不正咬合の成人患者の生活の質に対する経口の影響。口腔衛生前歯。 2016; 14(1):27-32。
Kallunki J.論文:過剰な水平被蓋によるクラスII不正咬合の早期治療。マルメ大学2021http ://mau.diva-portal.org/smash/get/diva2:1578424/FULLTEXT01.pdf
Kallunki J.、Bondemark L.、Paulsson L.(2018)早期クラスII不正咬合治療の結果-系統的レビュー。 Journal of Dentistry:Oral Health Cosmesis、2:009 DOI:10.24966 / DOHC-6783/100009。
Kallunki J.、Sollenius O.、Paulsson L.、PetrénS.、Dimberg L.、およびBondemark L.(2019)過度の水平被蓋または片側後方交叉咬合のある子供と、矯正治療は必要ありません。 European Journal of Orthodontics、41、111–116。
高辻H、小林T、児島T、長谷部D、泉N、齋藤I、西高次C.顎矯正手術が顎奇形患者の心理状態に及ぼす影響。 Int J OralMaxillofacSurg。 2015年9月;44(9):1125-30。
Thilander T、Bjerklin K、Bondemark L. Essential Orthodontics、1ed。ワイリーブラックウェル2017。ISBN9781119165675
Petti S.大きな水平被蓋に起因する前歯への2億を超える負傷:メタアナリシス。歯科外傷カタログ2015;31:1-8;
健康の観点から見たSBUバイトの逸脱と歯列矯正。 SBU2005。

ブログ一覧ページへ戻る

医療法人財団興学会
新橋歯科医科診療所

新橋歯科医科診療所ビル

新橋歯科医科診療所ビル2

住所:〒105-0004
東京都港区新橋4-9-1 新橋プラザビル2階

アクセス:JR新橋駅から徒歩3分

電話番号:03-3437-3880

駐車場:近隣のコインパーキングをご利用ください

ご利用可能カード

  • VISA
  • mastercard
  • JCB
  • Nicos
  • UFJcard
  • AMERICAN EXPRESS
  • Diners Club INTERNATIONAL
午前 9:30 ~
午後 1:00
×
午後 2:00 ~
午後 6:30
×

○歯科診療/ダイエット外来/ボトックス外来/点滴外来

スタッフ募集中 採用に関する情報はこちら

提携・加盟団体

当院では、歯科医療に関わる様々な企業・組織団体に提携・加盟し、
得られた知識・技術を治療に活かしています

  • 一般財団法人 日本スウェーデン歯科学会

  • 特定非営利活動法人 日本歯周病学会

  • 公益社団法人 日本口腔インプラント学会

  • TOKYO DENTAL COLLEGE 東京歯科大学

  • GOTEBORGS UNIVERSITET

  • 東京大学大学院 医学系研究科・医学部

  • 公益社団法人 日本口腔外科学会

  • Medical Note

トップへ戻る

お急ぎの方、直接相談
したい方はお気軽に
お電話ください

000-000-0000

受付時間:10:00~17:00

資料請求をご希望の方はこちら

お問い合わせフォームはこちら

閉じる