オーバーバイトは子供のうちに改善しましょう!審美的だけではない、口腔内のリスクも含めた優先的治療を | 新橋歯科医科診療所[痛くない削らない歯医者]

小児歯科

オーバーバイトは子供のうちに改善しましょう!審美的だけではない、口腔内のリスクも含めた優先的治療を

子どもの大きな咬傷

早めの治療で悩みも改善できる!そしてリスク回避を。その治療方法と子供へのサポートの必要性を見る。

「オーバーバイト」とは、上の切歯が下の切歯よりもはるかに前にある状態のかみ合わせをを意味し、その前歯の咬み合わせの深さの指標です。キーワードだけではあまり耳にする機会はありませんが、数字が大きくなればなるほど咬み合わせが深く、「ディープバイト」と呼ばれます。症状がひどい場合は上の歯が下の歯に完全に重なっていて、下の歯が見えない「過蓋咬合」と呼ばれています。
咬み合わせが深い状態であれば、見た目が気になり引きこもりがちになる、顎への負担や口腔内の炎症などにも影響があるなど、ただ咬み合わせの状態というわけではなく、よりリスクも高くなる症状なのです。

家族が思っているよりもはるかに、子供は悩んでいるかもしれません…

子どもの大きな咬傷_図1

 

大きなオーバーバイトは、若い人口の約 20% で発生することが多い「咬合異常」です。
スカンジナビアの資料では、10 歳児の約 15% に 6 mm を超えるオーバーバイトが発生することが示されています。

オーバーバイトは、以下のような症状を引き起こす可能性があります。

  • 前歯を傷つけるリスクが高まる
  • 気道への刺激を伴う口呼吸
  • 心理社会的に厄介な外観
  • 過蓋咬合により、何人もの子供たちがからかわれている

通常、歯の損傷は 10 歳になる前には発生し、ほとんどの場合が上顎の前歯に影響を及ぼします。早期の予防治療は、唇が通常のように歯の「エアバッグ」として守ることができない場合の損傷のリスクを軽減するためだけでなく、医療経済の観点からも望ましいことです。

症状

小児の過蓋咬合は、次の適応症に対して治療されることがよくあります。

  • 心理社会的や審美的理由
  • 特徴
  • 歯の損傷の予防
  • 気道の粘膜の炎症のリスクを高める口呼吸

臨床基準

過蓋咬合の診断には、次の条件の少なくとも 1 つを満たしている必要があります。

  • 唇が閉じにくい
  • 歯が垂れ下がっているような状態
  • 上顎と下前歯の間隔が6mm以上
子どもの大きな咬傷_図2
図 1.治療前
 

治療

矯正治療の目的は次のとおりです。

  • オーバーバイトを小さくするため、上顎と下顎の前歯の間の距離を縮める
  • 唇を閉じる能力を改善させ、通常の方法で呼吸できるようにする

子供の過蓋咬合は、下顎と上顎を一緒に固定する取り外し可能なマウスピース型を用いるか、またはまたは上顎にと下顎に1つずつ別々のブラケットを使用して下顎を「ジャンプ」させて前方のポジションを保持させることで軽減されます。

ブラケット装着時は話しづらくなるため、主に夜間に使用します。

治療期間は安定期を含めて約1.5~2年です。

子どもの大きな咬傷_図3
図 2.治療後
 

装置

取り外し可能なマウスピース型は、従来の硬質プラスチック製のものでも、顎の型を必要としない最新のシリコン製のものでも問題ありません。

下記のようなさまざまな装置が利用可能です:

  • ヘッドキャップ付きの個別に制作されたアクチバトール(activator:アクチベーター、FKO(エフカオー)とも言う)
  • 個別に制作されたアクチバトール
  • 口蓋と首の特徴を個別に制作
  • 上顎用と下顎用に個別に製作された別々のスプリント (Twin block:機能的顎矯正装置)
  • 組み立て式のアクチバトール

上記のすべてのデバイスでは、通常の横方向の関係が前提条件です。それ以外の場合は、最初に上顎の拡大が必要です。

ブラケットはどのように機能するのか?

アクチバトールは下顎と上顎を固定するため、会話が困難になります。そのため主に夜間に使用し、1 日 9 時間以上使用すると効果的です。主な治療効果は、早期介入によるオーバーバイトの減少です。費用や治療効果に関しては、早期臼歯でも後期臼歯でも治療を開始しても差はありません。しかし、アクチバトールによる治療は、大半の子供とその家族にとってはかなり難しい治療方法です。結果、10 人中 6 人が治療に失敗しました。これは、子供が装着が必要な時間の「少なくとも 1 日 9 時間」の装具を使用ができていないためです。より良い結果を得るには、患者のやる気と経験豊富な歯科医や矯正医が必要です。

フォローアップとモチベーション

  • 歯科医は定期的にブラケット治療をチェックし、フォローアップします。
  • 治療は簡単ではなく、時には痛みを伴うこともあります。対処するには、子供と親の両方が関与する必要があります。つまり、フォローし合えるチームワークが重要です。
  • 治療の時点で子供の年齢が若ければ若いほど、治療を完了できるようにするために、親の関わりとサポートがより重要になります。
  • 子供たちは自分なりのやり方で成功までの道のりを測ることができます。たとえば、目立つ前歯の下のスペースを親指でそっと掴むと、歯が押し戻されるにつれて、月ごとにスペースが徐々に狭まっていくのが実感できます。
  • 子供たちは、オーバーバイト測定を「モチベーション(動機づけ)ツール」として使用して、歯科医による治療に積極的に関わる必要があります。さらに、歯科医は、治療を開始する前に、子供のニーズと希望に耳を傾け、理解する必要があります。

国家ガイドライン2021

推奨スケールに応じた優先度:4
状態:子供における上顎前突と口唇閉鎖不全症を伴う正常咬合
治療法:早期の矯正治療(クロスバイト(交叉咬合))

アクションの効果:
上顎前突と口唇閉鎖不全症を伴う正常咬合の子供では、早期の矯正治療(クロスバイト(交叉咬合))と遅延治療 (永久歯の交叉咬合) に比べて、

  • 治療完了後の切歯外傷の発生率の減少 (OR 0.56、95% CI 0.33、0.95) (中程度の信頼性)
  • 治療完了後のオーバーバイトの減少におそらく差はない (MD 0.21、95% CI -0.10; 0.51) (信頼性が低い)
  • 治療完了後の ANB(上の顎骨と下の顎骨の前後的な位置関係(角度)を示したもの。)の減少におそらく差はない (-0.02、95% CI -0.47、0.43) (中程度の信頼性)。

理由:
この状態は重大度が高く、3 が最高ランクです。切歯の外傷の数は、後の治療よりも早い治療の方が少なく、費用は得られる効果ごとに中程度であると判断されます.

詳細については、社会庁のWebサイトをご覧ください。


参考文献

Al-Moghrabi D、Salazar FC、Pandis N、Flemingd PS (2017)。 「取り外し可能な歯列矯正器具と付属品の遵守: 系統的レビューとメタ分析」( Am J Orthod Dentofacial Orthop ;152:17-32)。
Batista KBSL, Thiruvenkatachari B, Harrison JE, O’Brien KD (2018). 「小児および青年における突出した上の前歯(クラス II 不正咬合)の矯正治療(レビュー)。システマティック レビューのコクラン データベースの記事(オンライン) · 3 月DOI: 10.1002/14651858.CD003452.pub4。
Bauss, O.、J. Rohling および R. Schwestka-Polly (2004)。 「歯列矯正治療の候補者における永久切歯への外傷の有病率。」デント・トラウマトール20 (2): 61-66.
Bishara、SEおよびRR Ziaja(1989)。 「機能アプライアンス: レビュー」。 Am J Orthod Dentofacial Orthop 95 (3): 250-258.
Brattstrom, V.、M. Ingelsson および E. Aberg (1991)。 「矯正患者の治療協力」 Br J Orthod 18 (1): 37-42.
バーデン、DJ (1995)。 「オーバージェットのサイズ、唇の被覆率、および上顎切歯の外傷との関連の調査。」 Eur J Orthod 17 (6): 513-517。
Casutt, C.、H. Pancherz、M. Gawora、S. Ruf (2007)。 「アクティベーター治療の成功率と効率」 Eur J Orthod 29 (6): 614-621。
Čirgić E、Kjellberg H、Hansen K、Lepp M. (2015) 「取り外し可能な機能アプライアンスを使用した青年の経験」。 Orthod Craniofac Res. 18 : 165-174.
チルギッチ E、シェルベルグ H、ハンセン K. (2016)。 「角度クラス II の大きなオーバージェットの治療: Andresen アクティベーターを使用したディビジョン 1 不正咬合と既製の機能的器具の比較 – 多施設、無作為化、対照試験。 「 Eur J Orthod 」 3 (5): 516-524。
Čirgić E、Kjellberg H、Hansen K (2017) 「Andresen アクティベーターまたはプレハブ機能アプライアンスを使用した大規模なオーバージェットの治療中の不快感、期待、経験、アンケート調査」 Acta Odontol Scand 4 月75 (3): 166-172。
グロス、AM、G. サムソン、S. サンダース、および C. スミス (1988)。 「患者の不遵守:子供たちは一貫していますか?」 Am J Orthod Dentofacial Orthop 93 (6): 518-519。
Idris G、Hajeer MY、Al-Jundi A (2018)。 「アクティベーター対トレーナーによるクラス II ディビジョン 1 不正咬合の治療後の軟組織および硬組織の変化: 無作為化比較試験」 Eur J Orthod 、2018 年、1–8。
Ingervall, B.、L. Seeman および B. Thilander (1972)。 「ヨーテボリの 10 歳児における不正咬合の頻度と矯正治療の必要性」 Sven Tandlak Tidskr 65 (1): 7-21.
Jarvinen、S.(1978)。 「上顎永久切歯のインサイザル オーバージェットと外傷。後ろ向き研究です。」 Acta Odontol Scand 36 (6): 359-362.
Josefsson, E.、K. Bjerklin、R. Lindsten (2007)。 「スウェーデンおよび移民の青年における不正咬合の頻度 – 歯列矯正治療の必要性に対する起源の影響」. Eur J Orthod 29 (1): 79-87.
Kallunki J、Bondemark L、Paulsson L.「過度のオーバージェットを伴うクラス II 不正咬合の早期ヘッドギア アクティベーター治療: 無作為対照試験」Eur J Orthod。 2021 年 12 月 1 日;43(6):639-647。ドイ: 10.1093/ejo/cjaa073. Kallunki J、Bondemark L、Paulsson L. コストと治療効果の比較 – 混合歯列および後期混合歯列における過剰なオーバージェットのヘッドギア アクティベーター治療に関する RCT。 Eur J Orthod。 2022 年 1 月 25 日;44(1):86-94。ドイ: 10.1093/ejo/cjab026.
オブライエン (2000)。 「グレーター マンチェスターに住む 14 ~ 15 歳のアジア系および白人系の子供たちにおける、不正咬合および口頭の自己認識の美的影響の知覚」。 Eur J Orthod 22 (2): 175-183。
O´Brian K. (2003) ツインブロック アプライアンスによる早期矯正治療の有効性: 多施設無作為化対照試験。パート 1: 歯と骨格への影響 Am J Orthod Dentofacial Orthop 124:234-243
Seehra, J.、JT Newton、AT DiBiase (2011)。 「学童のいじめ – 歯の外見と心理社会的影響との関係: GDP の最新情報.」 Br Dent J 210 (9): 411-415.
Schott, TC および B. Ludwig (2014)。 「取り外し可能な歯列矯正装置のマイクロエレクトロニクスによる装着時間の記録は、異種の装着挙動を検出し、治療計画を個別化します。」 Am J Orthod Dentofacial Orthop 146 (2): 155-160.
ヘルスケアにおける技術評価に関するスウェーデン評議会 (2005)。健康の観点から見た不正咬合と歯列矯正: 文献の系統的レビュー。レポート。スウェーデンのストックホルム。 176 .
Thilander、B.およびN. Myrberg(1973)。 「スウェーデンの学童における不正咬合の蔓延。」 Scand J Dent Res 81 (1): 12-21。
Thiruvenkatachari、B.、J. Harrison、H. Worthington、K. O’Brien (2015)。 「クラス II の不正咬合に対する早期矯正治療は、切端外傷の可能性を減らします: コクラン系統的レビューの結果」。 Am J Orthod Dentofacial Orthop 148 (1): 47-59.
Trulsson, U.、L. Linlav、B. Mohlin および M. Strandmark (2004)。 「オーバージェットが大きい小児における矯正治療のコンプライアンスの年齢依存性。インタビュー研究。」 Swed Dent J 28 (2): 101-109.

ブログ一覧ページへ戻る

医療法人財団興学会
新橋歯科医科診療所

新橋歯科医科診療所ビル

新橋歯科医科診療所ビル2

住所:〒105-0004
東京都港区新橋4-9-1 新橋プラザビル2階

アクセス:JR新橋駅から徒歩3分

電話番号:03-3437-3880

駐車場:近隣のコインパーキングをご利用ください

ご利用可能カード

  • VISA
  • mastercard
  • JCB
  • Nicos
  • UFJcard
  • AMERICAN EXPRESS
  • Diners Club INTERNATIONAL
午前 9:30 ~
午後 1:00
×
午後 2:00 ~
午後 6:30
×

○歯科診療/ダイエット外来/ボトックス外来/点滴外来

スタッフ募集中 採用に関する情報はこちら

提携・加盟団体

当院では、歯科医療に関わる様々な企業・組織団体に提携・加盟し、
得られた知識・技術を治療に活かしています

  • 一般財団法人 日本スウェーデン歯科学会

  • 特定非営利活動法人 日本歯周病学会

  • 公益社団法人 日本口腔インプラント学会

  • TOKYO DENTAL COLLEGE 東京歯科大学

  • GOTEBORGS UNIVERSITET

  • 東京大学大学院 医学系研究科・医学部

  • 公益社団法人 日本口腔外科学会

  • Medical Note

トップへ戻る

お急ぎの方、直接相談
したい方はお気軽に
お電話ください

000-000-0000

受付時間:10:00~17:00

資料請求をご希望の方はこちら

お問い合わせフォームはこちら

閉じる