「歯磨き」だけではないプラスのケアを!口腔衛生のためのセルフケアとは | 新橋歯科医科診療所

興学会とスウェーデン歯科の取り組み情報サイト

「歯磨き」だけではないプラスのケアを!口腔衛生のためのセルフケアとは

口腔衛生とセルフケア

毎日の歯磨き以外に何かケアしていますか?「口腔が関わる炎症」を、予防・改善につなげるプラスアルファの「ケア方法」。

「口腔内のセルフケア」と言えば、基本は私たちの毎日のルーティンになっている「歯磨き」です。これでも十分、と思いがちですが、よりキレイに、より健康的な歯を保ち続けるには、さらにプラスのケアが重要です。
近年ではそのプラスアルファのケアも一般的になっています。また、インプラントや歯列矯正を行ってる方は特にケアにも重点を置いているのではないでしょうか。

口腔内のバイオフィルムに含まれる微生物は、「歯肉炎」「歯周炎」「虫歯」を引き起こすため、口腔衛生は健康と病気にとって重要なものとなっています。
口腔衛生は個人の衛生の一部であり、個人の幸福と社会的関係に影響を与えます。良好な口腔衛生とは、口腔内がいかに清潔であるかを評価することですが、口腔衛生の概念には、機械的手段を用いて歯垢や細菌が形成するバイオフィルム(生物膜)、食品の残留物を取り除く積極的な行動も含まれます。
その「積極的な行動」は、「セルフケア」と呼ばれることもあります。これは主に、単純で一般的な症状、病気、怪我の場合に個人が講じることができる手段として定義されます。この用語は、医療従事者が、自分自身または誰かの助けを借りて、セルフケアルールに従って医療活動を行うことができると判断した場合にも使われる言葉です。(SOSFS 2009:6) 。

セルフケアの一般的な推奨事項は、フッ素入り歯磨き粉(フッ化物配合歯磨剤)で朝と夕方に2分間歯を磨くこと」です。ほとんどの成人では、毎日の歯磨きは確立された習慣ですが、歯の間の毎日の掃除はそれほど一般的ではありません。実際のブラッシング時間は、細菌が形成するバイオフィルムを効果的に除去するには短すぎることがよくあります(約1分)。最適な歯磨き時間または歯磨き頻度はどれくらいか、そして病気の発症を避けるためにバイオフィルムをどの程度除去しなければならないかについてのコンセンサスはありませんが、補助的清掃用具の断続的な使用は、ブラッシングのみと比較して、成人における歯肉炎をさらに減少させることができます。

口腔内のバイオフィルムの成長率はそれぞれであり、いくつかの要因に依存します。したがって、どのくらいの頻度で、どの程度の時間、どのような支援により口腔衛生を行う必要があるかについては、個別の評価が必要です。

セルフケアのための補助清掃器具の選択は、現在の口腔の健康状態と個人の状況の両方に適応しています。例えば、口腔内の形態、歯や近心スペース、ユーザーの手先の器用さ、好み、モチベーションなどです。

補助清掃器具によるセルフケア

細菌が形成するバイオフィルムは、歯肉炎および歯周炎を予防または治療するために歯の周囲の組織に直接隣接する表面から除去する必要があります。

適切な補助清掃器具は次のとおりです。

歯ブラシ

手動歯ブラシと電動歯ブラシの両方のモデルは無数にあります。歯ブラシは、人間工学に基づいたハンドル、ネック、ブラシヘッドで最大限のアクセスが可能で、柔らかく丸みを帯びた毛先で設計されていることが必要です。

歯ブラシの強度についてはISO規格がありますが、歯ブラシの毛の硬度についてはISO規格がありません。電動歯ブラシは、ブラシの動きのパターンに応じて、振動ブラシ、回転ブラシ、振動ブラシに分けられます。振動するものは、脈動する動きと組み合わせることができます。

デンタルフロス

デンタルフロスは、歯間乳頭(歯と歯の間の部分の歯肉)が無傷の狭いスペースに適しており、形状や表面の異なる様々なデザインがあります。

つまようじ

つまようじは、狭いスペースから開いたスペースに適しています。木製とプラスチック製があり、断面は三角形です。現在は、ゴムチップやシリコン付きの円錐形ピックに変更され、さまざまなサイズ(x-smallからx-large)があります。これらのサイズは、ISO規格ではありません。

歯間ブラシ

歯間ブラシは、凹面、コート、およびわずかに開いたスペースから広いスペースまで、あらゆるものに適しています。それらは、プラスチックコーティングされた金属フィラメントにナイロンやポリエステルの毛が付いたストレートまたは円錐形のブラシで、さまざまなパターンと色分けされたハンドルが特徴です。

サイズはISOに従って標準化されており、ISO規格は、ブラシが通過できる最小の穴であるPHD(ポストホールディガー・穴径)の測定に基づいています。

特別な補助清掃器具

状況に応じて、さまざまな特別な補助清掃器具があります。

  • 歯の先端、曲がった歯、最後の臼歯の裏側、被毛など、届きにくい面に対応した性質、角度の歯間ブラシ
  • 歯科矯正器具、補綴物、ブリッジ構造、インプラント、ダブルブラシ、および口腔粘膜に非常に優しい適合した特殊な歯ブラシ
  • スクレーパー(舌みがき)-舌の形に合わせて設計
  • グリップ拡大鏡-さまざまな補助清掃器具に適合

ケア方法

  • 手動歯ブラシは、歯一本一本の歯茎のラインに沿って、優しい圧力と摩擦させながら移動していきます。
  • 電動歯ブラシは、振動、回転、または振動しながら顎に沿ってゆっくりと動かし、歯肉を磨くことなく、顎に沿って一度に1本の歯の上をゆっくりと通過させます。
  • デンタルフロスは、小さな動きで歯の間をゆっくりと前後に動かします。この動作を続けると、おおよその表面が一度にきれいになります。
  • つまようじまたは歯間ブラシは、歯間の各表面を約10回前後移動させます。つまようじまたは歯間ブラシをさまざまな方向に傾けることで、歯の表面の形状に追従します。つまようじの付け根は歯肉に向け、手はあごを支えます。歯間ブラシのサイズは歯間スペースに合わせて調整されます。

過度のまたは誤ったセルフケアは、歯肉および軟組織への損傷または歯の硬組織への欠陥につながる可能性があります。

より効果的なセルフケアに貢献する小さな変更例

  • 補助清掃器具の使用方法の調整
  • 手動歯ブラシよりもわずかに効果的にバイオフィルムを除去するため、振動運動を伴う電動歯ブラシの使用
  • 補助清掃器具の制限

効果的なセルフケアと怪我を避けるために、個人の状態とニーズに基づいて情報とトレーニングプログラムが提供され、実施された対策のフォローアップが行われることが重要です。

補助清掃器具が実際に正しい方法で使用されるということは、その人にやる気があり、十分な知識を持っていることを前提としています。患者教育は、口腔衛生に関する知識の増加につながります。知識の増加が行動の変化につながるためには、繰り返しの助言的な会話または行動医学の予防と治療が必要です。
スウェーデン保健福祉庁(社会庁)の患者教育に関する全国ガイドライン

社会庁の国内ガイドラインでは、5つの異なる条件に関する口腔衛生の改善について説明しています。

歯肉炎

口腔衛生を改善することにより歯肉炎の発生率が低下することは、科学的に証明されています。口腔衛生が良好であれば、歯肉炎を予防するだけでなく、治癒することも可能です。
振動機能のある電動歯ブラシを使用すると、手動の歯ブラシよりも歯肉炎の軽減効果が高くなります。
歯肉炎に関する国内ガイドライン

慢性歯周炎

慢性歯周炎の存在下では、良好な口腔衛生は治療結果と再発予防のために非常に重要です。口腔衛生の改善のみが、深い歯周ポケットにわずかな効果をもたらします。治癒を目指すには、専門的な機械的感染治療の組み合わせが必要です。
慢性歯周炎に関するファクトシート

慢性歯周炎に関する国内ガイドライン

侵襲性歯周炎

侵襲性歯周炎の存在下では、口腔衛生の改善は唯一の治療手段として十分ではありませんが、それは治療のおいては非常に重要な部分です。専門的な機械的感染治療と組み合わせた良好な口腔衛生は、歯周病の治癒と継続的な支持組織の喪失の予防につながります。したがって、良好な口腔衛生は、良好な治療結果と再発防止のために非常に重要です。
侵襲性歯周炎に関するファクトシート

侵襲性歯周炎に関する国内ガイドライン

インプラント周囲粘膜炎

入手可能な最良の証拠によれば、口腔衛生の改善は粘膜炎の発生率を低下させることにつながります。現時点では、科学的根拠が不十分であり、評価することはできません。
インプラント周囲粘膜炎とインプラント周囲炎に関するファクトシート

インプラント周囲粘膜炎に関する国内ガイドライン

インプラント周囲炎

インプラント周囲炎に関してさえ、現在、改善された口腔衛生の重要性を評価することができるための科学的根拠はありません。しかし、入手可能な最良の証拠によると、インプラント周囲炎や歯周炎の治療には、口腔衛生が良好であることが重要です。しかし、歯周炎の治療と同様に、口腔衛生の改善と粘膜下感染の抑制のための治療手段を併用する必要があります。
インプラント周囲粘膜炎とインプラント周囲炎に関するファクトシート

インプラント周囲炎に関する国内ガイドライン

NRで口腔衛生が重要であると報告されているその他の疾患:

国のガイドラインの科学的根拠によると、口腔衛生は特定の追加条件において重要であるとしています。

薬物性歯肉増殖症

急性壊死性潰瘍性歯肉炎または歯周炎

進行のリスクがある歯の摩耗

以下の症状による歯周炎:

好中球減少症

ダウン症

歯周炎と全身性疾患に関するファクトシート

まとめ

  • 歯肉炎や粘膜炎の治療には、口腔衛生の改善が重要です。
  • 振動機能を備えた電動歯ブラシを使用すると、手動の歯ブラシよりも歯肉炎を大幅に軽減できます。
  • 歯周炎やインプラント周囲炎の治療を成功させるためには、口腔内の衛生状態を改善することが非常に重要です。
  • 口腔衛生を改善するためには、効果的なセルフケアが必要になる場合があります。
    -個人および状況に適応したケア
    -患者の状態とニーズに基づいた、患者教育、運動プログラム、繰り返しのカウンセリング会話、または行動医学の予防と治療

参考文献

ブレードB、グスタフソンA.歯周炎:はじめに。 6、ed。ストックホルム:ゴシア; 2016年。ISBN:978-91-8809-958-7
成人歯科医療のための国民健康福祉国家ガイドライン。科学的根拠。 http://www.socialstyrelsen/。
Lang NP、LindheJ.臨床歯周病学およびインプラント歯科。第6版2015年:2巻。; 677-703。
ワージントンHV、マクドナルドL、ポクレポビッチペリシックT、サンブンジャクD、ジョンソンTM 、、今井P、クラークソンJE。歯周病や虫歯を予防および管理するための、歯磨きに加えて、歯間洗浄装置の家庭での使用。コクランデータベースSystRev。 2019;(4):CD012018。
Yaacob M、Worthington HV、Deacon SA、Deery C、Walmsley AD、RobinsonPGなど。口腔の健康のための電動歯磨きと手動歯磨き。コクランデータベースシステムRev. 2014; (6):CD002281
SBU。虫歯を防ぐため。系統的文献レビュー。ストックホルム:スウェーデン国立医学評価委員会(SBU); 2002年。SBUレポートNo.161。ISBN:91-87890-81-X。
SBU。慢性歯周炎-予防、診断および治療。系統的文献レビュー。ストックホルム:スウェーデン国立医学評価委員会(SBU); 2004年。SBUレポートNo.169。ISBN91-87890-96-8。

ブログ一覧ページへ戻る

医療法人財団興学会
新橋歯科医科診療所

新橋歯科医科診療所ビル

新橋歯科医科診療所ビル2

住所:〒105-0004
東京都港区新橋4-9-1 新橋プラザビル2階

アクセス:JR新橋駅から徒歩3分

電話番号:03-3437-3880

駐車場:近隣のコインパーキングをご利用ください

ご利用可能カード

  • VISA
  • mastercard
  • JCB
  • Nicos
  • UFJcard
  • AMERICAN EXPRESS
  • Diners Club INTERNATIONAL
午前 9:30 ~
午後 1:00
×
午後 2:00 ~
午後 6:30
×

○歯科診療/ダイエット外来/ボトックス外来/点滴外来

スタッフ募集中 採用に関する情報はこちら

提携・加盟団体

当院では、歯科医療に関わる様々な企業・組織団体に提携・加盟し、
得られた知識・技術を治療に活かしています

  • 一般財団法人 日本スウェーデン歯科学会

  • 特定非営利活動法人 日本歯周病学会

  • 公益社団法人 日本口腔インプラント学会

  • TOKYO DENTAL COLLEGE 東京歯科大学

  • GOTEBORGS UNIVERSITET

  • 東京大学大学院 医学系研究科・医学部

  • 公益社団法人 日本口腔外科学会

  • Medical Note

審美歯科

ダイエット外来

無料ご相談窓口Web予約

ウェブ予約はこちら

トップへ戻る

お急ぎの方、直接相談
したい方はお気軽に
お電話ください

000-000-0000

受付時間:10:00~17:00

資料請求をご希望の方はこちら

お問い合わせフォームはこちら

閉じる