顎の痛みの原因は何!?再発リスクの軽減も重要なこの症状の種類と治療方法とは | 新橋歯科医科診療所[痛くない削らない歯医者]

興学会とスウェーデン歯科の取り組み情報サイト

顎の痛みの原因は何!?再発リスクの軽減も重要なこの症状の種類と治療方法とは

骨盤の痛み

顎の関節の痛みは顎関節症だけではない…さまざまな症状から顎の痛みの原因を見つける

“痛み”というものは本当に不快なものです。日常生活において起こりやすい腹痛、頭痛でも、耐え切れず鎮痛剤を飲む方も多いのではないでしょうか。また、症状が頻繁に起こる方の中には鎮痛剤を常に持ち歩いている方も。
このような“痛み”に対する印象はとてもマイナスなものでしかないですが、顎関節症(TMD)を発症している方も少なくはありません。このような関節の炎症を、特に少しでも早く軽減、解消できるようにするには、症状を的確に診断、治療することが重要です。

いくつかの研究は、口腔顔面痛と顎機能障害が不快な感覚体験であるだけでなく、これらの状態が影響を受けた個人の生活の質の低下につながることも示しています。個人の苦痛や生活の質の低下に加え、何度も医者を訪れ、鎮痛剤を頻繁に使用し、病欠が多くなるなど、これは社会にとっても問題となります。

疫学

顎機能障害(顎関節症、TMD)は、成人に広くみられます。最近の研究では、人口の16%が顎の痛み(関節痛)を報告しましたが、以前の研究では、人口の約6~12%が長期の顎の痛み(6か月以上の期間)に苦しんでいることが示されています。

一方、食いしばりによる顎の音の発生率は約3倍で、有病率は約30%、クリック音(ポキッ、カクカク)の発生率は約4~7%と推定されます。

他の口腔顔面痛の状態と同様に、罹患者の大多数は女性です。思春期後、閉経までは、女性の発生率は男性の約2倍です。

原因

TMDの根本的な原因因子はまだ完全には理解されていませんが、病因は多因子であると考えられています。既存の文献を検討した結果、顎関節痛および顎機能障害の多くのリスク要因が明確になりました。
これらの状態を引き起こし、誘発し、維持すると考えられる危険因子には、過負荷、感情的なストレス、外傷、全身性疾患、および女性の性別が含まれます。

過負荷とは、歯の叢生、歯磨きなどの機能不全を指します。
爪、唇、ペンを噛む、親指をしゃぶる、頻繁にチューインガムを噛む、バイオリンや電話などのあごで物を安定させるだけでなく、特定の管楽器を演奏したり、マウスピースをシュノーケル/酸素チューブに保持したりするなどの静的な作業も行います。

感情的なストレスとは、ポジティブなストレス(宝くじの当選、休暇旅行などの場合)とネガティブなストレス(失業、離婚などの場合)の両方を指します。
ストレスは、発生するあらゆる状況に対する非特異的な身体的反応として定義されます。ストレス反応を引き起こす状況や経験は、ストレッサーと呼ばれます。

外傷とは、顎に直接強い打撃を与える可能性のあるマクロと、口腔顔面構造に対して繰り返し軽い力であるミクロの両方を意味します。

全身性疾患とは、関節リウマチ、乾癬性関節炎、若年性特発性関節炎(子どものリウマチ)などの全身性炎症性疾患を指します。

女性の性とは、おそらく遺伝的要因とともに、個人の痛みに対する感受性に影響を及ぼし、おそらく女性の優位性を説明することもできる女性の性ホルモンを指します。

非生理学的咬合(不安定な咬合、治療が必要な可能性がある咬合)は、以前は顎関節痛の重大な危険因子と考えられていましたが、最近の研究ではこれを支持していませんが、咬合の変化はTMDの結果である可能性があります。
一方、過去に顎関節症に罹患したことのある人は、例えば補綴物の構造による妨害がある場合、TMDを再び発症するリスクが高いようです。研究によると、口腔生理学的観点から、以前健常であった人に比べ、適応能力が低いことが示唆されています。

症状

正常で健康な顎関節からの顎関節痛(関節痛):

  • 顎関節領域に位置し、下顎の動きに関連して発生する。
  • たとえば、咀嚼によって誘発または悪化する可能性がある。
  • 鋭く、突発的で強い痛みを感じる。
  • 顎が自然な位置に戻るとすぐに治まる。
  • 耳の痛みとして感じることもある。
  • 関節周囲の軟部組織にある痛みを起こす刺激(侵害刺激)の受容器(侵害受容器)からのみ発生する。この軟組織には、(顎)関節円板の靭帯、顎嚢の靭帯、および(顎)関節円板後部組織の付着が含まれる。
  • 下顎を動かしている際に侵害受容器が突然作動するか、準備ができていない場合、顎の動きはすぐに停止する(侵害受容反射)。
    一方、侵害受容器が長期間繰り返し作動すると(慢性的な顎関節の痛み)、下顎の動きが制限され、患者は非常に注意深くなる。

炎症によって顎関節の構造が破壊され、関節の疾患によって引き起こされる顎の痛み:

  • 顎関節領域に限局。
  • 顎を動かすと増強する。
  • 耳の痛みとして感じることもある。
  • 顎関節の関節面の劣化により関節下骨が露出するため、軟組織の侵害受容器だけでなく、関節下骨の侵害受容器からも発生する。

臨床所見

  • 顎関節の外側(外極)を触診すると痛む。
  • 触診時の痛みは、耳など他の部位に広がったり、起こったりすることがある(関連痛)。
  • 口を開ける機能が低下していることがある(垂直過蓋咬合を含めて40mm未満)。
  • 歯ぎしり、舌や頬の歯型など、口腔内に活動亢進の徴候が現れることがある。
  • 顎関節領域に限局した体動時の痛み。

鑑別診断

滑膜炎/関節包炎

  • (顎)関節円板後部組織の付着部の炎症。
  • 突発的な重度外傷の場合、顆部が(顎)関節円板後部組織の付着部に衝突し、二次的な炎症を引き起こす。
    (顎)関節円板後部組織の付着部への微小外傷が繰り返される場合、例えば関節円板の変位の場合、関節円板後部組織の付着部が炎症を起こす。
  • はっきりとした痛みが耳の前方にあり、深部で一定しており、下顎を動かすと悪化する。
  • 患部の関節を触診すると痛みを感じる。
  • ただし、痛みによる開口の力の低下は、軟組織部でも発生する可能性がある。

関節円板

  • 滑膜炎、関節包あるいは円板後部結合組織の炎症。
  • 臨床的には、これらは関節鏡検査なしでは区別できない。
  • 通常、マクロまたはミクロの外傷の結果だが、長期間の大きく口を開けた後、簡単に同じように発生する可能性がある。
  • はっきりとした痛みが耳の前方にあり、深部で一定しており、下顎を動かすと悪化する。
  • 歯に圧力がかかると痛みが悪化する。
  • 関節円板の変位による開口する力の低下。ただし、それが関節円板の変位ではなく、開口する力の低下の再発である場合、痛みは軟組織部で発生する可能性がある。
  • 組織の腫脹により、患側に後方咬合が形成されることがある。

関節炎

関節炎は、顎関節の関節面の炎症を指します。顎関節に影響を与える最も関連性のある関節炎は、 1)顎関節炎、2)多関節炎(関節リウマチ(rheumatoid arthritis: RA)、乾癬性関節炎、痛風)、 3)外傷性関節炎、 4)感染性関節炎です。

1)顎関節炎

  • 正確な根本的な原因は完全にはわかっていませんが、顎関節の機械的過負荷が最も一般的な原因であると考えられています。
  • 通常、痛みは片側性であり、下顎の動きによって悪化します。痛みは通常、一日の後半に悪化します。
  • 関節円板の変位による開口する力の低下する可能性がありますが、それが関節円板の変位ではなく、開口する力の低下の再発である場合、痛みは軟組織部で発生する可能性があります。
  • 断続的なクリック音(ポキッ、カクカク)が発生する場合があります。
  • 患部の関節を触診すると痛みを感じます。
  • 顆部の両側性の悪化は下顎の後方転位を引き起こし、前方への開咬と後方への咬合接触が生じます。

2)多関節炎

多関節炎は、顎関節の関節面が炎症を起こしている状態のグループを表します( 関節リウマチ(RA)、乾癬性関節炎、痛風)。

2a)関節リウマチ(RA)

  • 体の関節の多くに影響を与える全身性疾患ですが、原因はまだわかっていません。
  • 通常、両側性の病気の患者は、体内のいくつかの関節からの病気が報告されます。
  • 痛みは激しく、強く、一定で、下顎を動かすと悪化します。
  • 患者は朝、より硬さを感じ、痛みのために開口する力が低下する可能性がありますが、それが関節円板の変位ではなく、開口する力の低下の再発である場合、痛みは軟組織部で発生する可能性があります。
  • 断続的なクリック音(ポキッ、カクカク)が発生する場合があります。
  • 患部の関節を触診すると痛みを感じます。
  • より重症の場合、顆部の両側性の破折を引き起こし、その結果、下顎が後方転位し、前方への開咬と後方への咬合接触が生じます。

2b)乾癬性関節炎

  • 主に皮膚に影響を与える自己免疫疾患ですが、患者の約30%が関節炎に苦しんでおり、病因はまだ不明ですが、多くの遺伝的要因が重要な原因の一つであるようです。
  • 通常、複数の関節に影響が出てきます。
  • 痛みは激しく、強く、一定で、下顎を動かすと悪化します。
  • 患者は朝、より硬さを感じ、痛みのために開口する力が低下する可能性がありますが、それが関節円板の変位ではなく、開口する力の低下の再発である場合、痛みは軟組織部で発生する可能性があります。
  • 断続的なクリック音(ポキッ、カクカク)が発生する場合があります。
  • 患部の関節を触診すると痛みを感じます。
  • 片側の顆頭が悪化した場合、患側はより硬い咬合接触を示し、反対側は後方の側方歯部の開咬になることがあります。より重症の場合、顆部の両側性の破折を引き起こし、その結果、下顎が後方転位し、前方への開咬と後方への咬合接触が生じます。

2c)痛風

  • 痛風があると、通常、足の親指の内側の関節が炎症を起こしますが、顎の関節などの他の関節も炎症を起こす可能性があります。
  • 炎症は、関節に尿酸の結晶が形成されることによるものです。尿酸値は加齢とともに自然に高くなりますが、痛風は尿酸値の高い人だけが罹患する疾患では決してありません。女性よりも男性の方が多く発症します。利尿剤を使用したり、体重を増やしたり、非常に高タンパクの食品を食べたり、アルコールを飲んだりすると、体内の尿酸の含有量が増える可能性があります。
  • 痛風は発作を起こします。つまり、炎症がすぐに起こり、非常に痛みが強く、数週間以内に完全に治癒します。非常に激しい痛みは、通常、夜に発生します。
  • ほとんどの場合、両方の関節で発症し、痛みに加えて、軽度の発熱が一般的です。
  • 体動時に痛みが発生する場合があります。
  • 患部の関節を触診すると痛みを感じます。

3)外傷性関節炎

  • 症状の発症に関連する可能性のある、顎への大きな外傷による直接的な結果です。
  • はっきりとした痛みが耳の前方にあり、深部で一定しており、下顎を動かすと悪化します。
  • 患部の関節を触診すると痛みを感じます。
  • 痛みによる開口する力の低下は、軟組織部で発生します。
  • 腫れが発生すると、急性の不正咬合が発生する可能性があります。

4)感染性関節炎

  • 細菌の侵入に起因する非滅菌炎症です。これは通常、顎関節に達する近傍の構造物の創傷、または細菌血症によって引き起こされます。
  • 他の関節炎と同様に、痛みは激しく、深部で一定で、下顎を動かすと悪化します。
  • 顎関節が腫れ、周囲の組織は熱をもちます。
  • 患部の関節を触診すると痛みを感じます。

顎の変形性関節症(変形性疾患)

  • 顎の変形性関節症は、顎関節に影響を与える最も一般的な疾患の1つです。
  • 変形性顎関節症に続く一定の適応段階です。
  • 患者は通常症状を訴えませんが、断続的なクリック音を聞くことがあります。
  • 顆部の両側性の破折を引き起こし、その結果、下顎が後方転位し、前方への開咬と後方への咬合接触が生じます。

側頭筋の筋炎

  • 側頭筋の過活動は、鉤状突起 ( コロノイデウス突起)に付着する側頭筋の腱に炎症を起こすことがあります。この過活動は、歯ぎしりやストレス、顎の痛みなどが原因であることが多いです。
  • 患者は、側頭葉や目の奥の絶え間ない痛みに悩まされます。
  • 痛みは片側性であり、下顎を動かすと悪化します。
  • 痛みによる開口する力の低下は、軟組織部で発生します。
  • 側頭筋の腱付着に対する触診時の痛み。
  • 痛みは、口が閉じたとき、つまり側頭筋が活動したときに引き起こされる可能性があります。

検査

診断は症状と臨床所見に基づいています。関節リウマチ、乾癬性関節炎、痛風にのみ、疾患特有の所見(血液検査)があります。

したがって、検査には次のものが含まれます。

  • 痛みの特徴(場所、強度、タイプ、持続時間、悪化または緩和要因など)を含む詳細な履歴。
  • 下顎の可動域と運動パターンの臨床検査。
  • 痛みと顎関節のノイズに関する顎関節と筋肉の触診。
  • 咬合と関節の検査。
  • 歯と粘膜の口腔内検査。

2014年の初めに、TMDの更新された診断システムが公開されました。これは、臨床使用と研究目的の両方で使用することを目的としています。このシステムは、顎関節症の診断基準(DC / TMD)と呼ばれ、1992年に公開された以前のシステム(顎関節症の研究診断基準(RDC / TMD))をさらに発展させたものです。

DC / TMDによる関節痛の基準(ICD-10では関節痛/顎の痛みのコードM26.62、ICD-11コードではME82と診断されています):

  • 過去30日間の顎、こめかみ、耳または耳の前の痛みの病歴で、下顎の動き、機能(咀嚼、あくび、開口など)または機能不全(歯ぎしり、歯の圧力、ガムを噛むなど)によって引き起こされたもの。
  • 顎関節領域への検査官によって確認された痛みの局在化。
  • 以下の検査のうち少なくとも1つにおいて、顎関節に既知の痛みがある:
    -側極の触診(0.5kgの圧力)または側極周囲の触診(1kgの圧力)。
    -下顎運動時のすなわち最大の隙間、側方運動、突出運動時に顎関節に痛みがある。

治療

治療は常に、患者に病状とその予後に関する正確な情報を提供し、セルフケアに関するアドバイスを行うことから開始する必要があります。
治療は、患者を安心させ、痛みを和らげ、炎症を軽減し、機能を改善して再発のリスクを軽減することを目的としています。

セルフケア

セルフケアには、例えば、鎮痛薬だけでなく、リラクゼーションや運動の練習も含まれます。

推奨スケールに応じた優先度5
症状:顎の痛み(関節痛)
処置:運動訓練(受動的なストレッチ、関節の伸展、ストレッチ、抵抗を伴う下顎の運動、協調運動、姿勢トレーニング)

対応の効果:
痛みと咬合の力に対する低から中程度の効果
状態の一般的な改善および生活の質の改善に対する低から中程度の効果
ブレース(矯正装置)に加えて、追加の痛みを軽減する効果はありません

評価:
この状態は、口腔の健康に大きな影響を及ぼします。つまり、この状態の最高ランクは3です。運動の活性化は、低から中程度の効果があり、したがって、口腔の健康にプラスの影響を与える機会があります。社会庁は、得られた効果ごとに治療費が低いと評価しました。科学的根拠が不十分であるため、効果は社会庁の専門家グループによって評価されました。

詳細については、社会庁のWebサイトをご覧ください。

薬物治療

薬物療法とは、パラセタモール、NSAID、糖質コルチコイドによる痛みの緩和と抗炎症治療を指します。以下のアドバイスは、Wise List、すなわちストックホルム県議会が疼痛と炎症の治療に対して推奨する薬剤、および関節痛と顎関節症に対する成人の歯科治療のための国家ガイドライン2021に従っています。投薬指示はFASSによるものです。

パラセタモール(アセトアミノフェン)

推奨スケールに応じた優先度6
症状:詳細不明の顎機能障害(TMD UNS)
処置:パラセタモール

対応の効果:
低から中程度の鎮痛効果

評価:
この状態は、口腔の健康に大きな影響を及ぼします。つまり、この状態の最高ランクは3です。パラセタモールは、痛みに対して低から中程度の効果があり、口腔の健康にプラスの影響を与える可能性があります。社会庁は、NSAIDが推奨される場合(副作用のリスクがある場合)、この措置は得られる効果あたりのコストは低いが、NSAIDと比較して費用効果が低いと評価しました。科学的根拠が不十分であるため、効果は社会庁の専門家グループによって評価されました。

詳細については、社会庁のWebサイトをご覧ください。

NSAIDs

  • 主にナプロキセンAlproxenPronaxen
  • 急性の疼痛の投与量(成人) :250mgを1~2錠を1日2回服用します
  • 投与量(成人)抗炎症剤:500mg1錠を1日2回
  • あるいは、 イブプロフェンBrufenIbumetinIprenBuranaIbuprofen )、またはKetoprofenOrudis RetardOrudis
  • 急性の疼痛に対するイブプロフェン(成人)の投与量: 400mg、1錠を1日3回。 400mgのイブプロフェンの効果は1000mgのパラセタモールよりも優れています
  • イブプロフェン(成人)抗炎症剤の投与量: 400-600mg1錠を1日3回服用します
  • 急性の疼痛のためのケトプロフェン(成人)の投与量:1日4回まで50mg
  • ケトプロフェン(成人)抗炎症の投与量:推奨される開始用量は、1日150~200mgを3回に分けて投与し、その後遅滞なく適切な維持量を投与します。維持量は通常1日あたり100~200 mgで、2~3回に分けられます

推奨スケールに応じた優先度4
症状:顎の痛み(関節痛)
処置:非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs)

対応の効果:
NSAIDs /コキシブ系の少なくとも30%への変形性関節症および一般的な体内の関節炎の痛みの緩和
痛みに対する中程度の短期的効果
咬合の力への中程度の効果

評価:
この状態は、口腔の健康に大きな影響を及ぼします。つまり、この状態の最高ランクは3です。 1回あたりの非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)の効果は良好であり、したがって口腔衛生にプラスの影響を与える可能性があります。社会庁は、得られる効果あたりのコストは低いと評価しました。副作用のリスクがあります。科学的根拠が不十分であるため、効果は社会庁の専門家グループによって評価されました。

詳細については、社会庁のWebサイトをご覧ください。

推奨スケールに応じた優先度4
症状:炎症性疾患に関連する顎関節症
処置:非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs)

対応の効果:
NSAIDs /コキシブ系の少なくとも30%への変形性関節症および一般的な体内の関節炎の痛みの緩和
関節リウマチの痛みにおけるNSAIDs /コキシブ系の同等の効果
顎関節の痛みの強さに対する中程度の短期的な効果

評価:
この状態は、口腔の健康に非常に大きな影響を及ぼします。つまり、この状態の最高ランクは1です。 NSAIDsには中程度の効果があり、口腔の健康にプラスの影響を与える能力があります。効果は、より少ない効果変数に影響を与えるため、グルココルチコイドの関節内注射で達成される効果と比較してわずかに悪いです。社会庁は、得られる効果あたりのコストは低いと評価しました。科学的根拠がいくつかの点で不十分であるため、効果は科学的根拠に基づいて、そして社会庁の専門家グループによって評価されました。

詳細については、社会庁のWebサイトをご覧ください。

推奨スケールに応じた優先度6
症状:顎の変形性関節症
処置:非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs)

対応の効果:
NSAIDs /コキシブ系の少なくとも30%への変形性関節症および一般的な体内の関節炎の痛みの緩和
痛みに対する中程度の効果
日常生活への中程度の影響

評価:
この状態は、口腔の健康に中程度の影響を及ぼします。つまり、この状態の最高ランクは5です。 NSAIDsには中程度の効果があるため、口腔の健康にプラスの影響を与える機会があります。社会庁は、得られる効果あたりのコストは低いと評価しました。科学的根拠が不十分であるため、効果は社会庁の専門家グループによって評価されました。

詳細については、社会庁のWebサイトをご覧ください。

糖質コルチコイド

  • 例:メチルプレドニゾロン(デポ・メドロール兼リドカイン40gm/ml+10mg/ml、デポ・メドロール40mg/ml)
  • 投与量:0.7~1.0mlを顎関節に注射します

推奨スケールに応じた優先度3
症状:炎症性疾患に関連する顎関節症
処置:糖質コルチコイドの関節内注射

対応の効果:
痛みと触診の痛みに対する中程度の効果
全体的な改善に対する中程度から高い効果
咬合の力への効果が少ない

評価:
この状態は、口腔の健康に非常に大きな影響を及ぼします。つまり、この状態の最高ランクは1です。糖質コルチコイドは関節内に中程度の効果があり、したがって口腔の健康にプラスの影響を与える可能性があります。社会庁は、得られる効果あたりのコストは低いと評価しました。 3回の関節内注射のうち、糖質コルチコイドが最良の選択肢であると考えられています。科学的根拠が不十分であるため、効果は社会庁の専門家グループによって評価されました。

詳細については、社会庁のWebサイトをご覧ください。

推奨スケールに応じた優先度5
症状:顎の痛み(関節痛)
処置:糖質コルチコイドの関節内注射

対応の効果:
痛みと咬合の力への中程度の効果

評価:
この状態は、口腔の健康に大きな影響を及ぼします。つまり、この状態の最高ランクは3です。糖質コルチコイドは関節内に中程度の効果があり、したがって口腔の健康にプラスの影響を与える可能性があります。社会庁は、得られる効果あたりのコストは中程度であると評価しました。科学的根拠が不十分であるため、効果は社会庁の専門家グループによって評価されました。

詳細については、社会庁のWebサイトをご覧ください。

推奨スケールに応じた優先度7
症状:顎の変形性関節症
処置:糖質コルチコイドの関節内注射

対応の効果:
痛みに対する中程度の効果
咬合の力への効果が少ない

評価:
この状態は、口腔の健康に中程度の影響を及ぼします。つまり、この状態の最高ランクは5です。糖質コルチコイドは関節内に低から中程度の効果があり、したがって口腔の健康にプラスの影響を与える可能性があります。社会庁は、得られる効果あたりのコストは低いと評価しました。科学的根拠が不十分であるため、効果は社会庁の専門家グループによって評価されました。

詳細については、社会庁のWebサイトをご覧ください。

痛みを伴う顎機能障害の薬理学的治療に関するファクトシート(Coming soon…)

咬合療法(噛みあわせ治療)

咬合療法とは、顎関節を緩和することで関節痛に対して優れた効果を発揮することが多い装具による治療を指し、2021年の成人歯科治療に関する国家ガイドラインに従って推奨する必要があります。スタビライゼーションスプリント(ハードタイプ・全歯列接触型)、前歯接触型の部分スプリント、および弾力性のあるソフトスプリント(軟質プラスチックスプリント)は、は原則として同等の効果がありますが、望ましくない副作用のリスクが少なく、耐久性が高く、いくつかの研究が有利であるため、スプリントを安定させることが好ましいです。

それぞれに合った治療方法を。咬合療法で使用するスプリントによる治療の種類とは

推奨スケールに応じた優先度4
症状:顎の痛み(関節痛)
処置:咬合療法におけるスプリントの使用

対応の効果:
中程度から高い痛みへの効果
咬合の力に対する低から中程度の効果

評価:
この状態は、口腔の健康に大きな影響を及ぼします。つまり、この状態の最高ランクは3です。咬合挙上副子(スプリント)には中程度から良好な効果があり、したがって口腔の健康にプラスの影響を与える機会があります。社会庁は、得られる効果あたりのコストは低いと評価しました。治療の効果は、科学的根拠の支援を受けて評価されています。

詳細については、社会庁のWebサイトをご覧ください。

推奨スケールに応じた優先度4
症状:炎症性疾患に関連する顎関節症
処置:咬合療法におけるスプリントの使用

対応の効果:
顎関節の痛みを軽減し、長期的に関節破壊のリスクを軽減する可能性があります

評価:
この状態は、口腔の健康に非常に大きな影響を及ぼします。つまり、この状態の最高ランクは1です。咬合挙上副子(スプリント)の効果は低く、したがって口腔の健康にプラスの影響を与える機会があります。この状態は非常に難しいと考えられているため、炎症と関節の緩和に効果をもたらすには、いくつかの可能な治療オプションを一緒に使用する必要があります。対策の費用対効果を評価することはできませんでした。科学的根拠が不十分であるため、効果は社会庁の専門家グループによって評価されました。

詳細については、社会庁のWebサイトをご覧ください。

推奨スケールに応じた優先度5
症状:顎の変形性関節症
処置:スタビライゼーションスプリント

対応の効果:
痛みと咬合の力への中程度の効果

評価:
この状態は、口腔の健康に中程度の影響を及ぼします。つまり、この状態の最高ランクは5です。咬合挙上副子(スプリント)は中程度から高い効果があり、したがって口腔の健康にプラスの影響を与える機会があります。社会庁は、得られる効果あたりのコストは低いと評価しました。科学的根拠が不十分であるため、効果は社会庁の専門家グループによって評価されました。

詳細については、社会庁のWebサイトをご覧ください。

推奨スケールに応じた優先度5
症状:関節円板の戻りを伴う関節円板の変位
処置:スタビライゼーションスプリント

対応の効果:
顎関節症による閉口障害への影響が少なく、咬合の力が向上します
顎関節の痛みに対する中程度から高い効果

評価:
この状態は、口腔の健康に中程度の影響を及ぼします。つまり、この状態の最高ランクは5です。スタビライゼーションスプリントは、いびきや痛みに低から中程度の影響を及ぼし、したがって、口腔の健康にプラスの影響を与える能力があります。社会庁は、得られる効果あたりのコストは低いと評価しました。長期的な効果は、スプリントの位置の変更で達成される効果と同じです。治療の効果は、科学的根拠の支援を受けて評価されています。

詳細については、社会庁のWebサイトをご覧ください。

推奨スケールに応じた優先度6
症状:関節円板の戻りを伴なわない関節円板の変位
処置:スタビライゼーションスプリント

対応の効果:
痛みに対する低から中程度の効果
下顎の可動性に対する低から中程度の効果

評価:
この状態は、口腔の健康に大きな影響を及ぼします。つまり、この状態の最高ランクは3です。咬合挙上副子(スプリント)の効果は低から中程度であるため、口腔の健康にプラスの影響を与える機会があります。社会庁は、得られた効果ごとにコストが低から中程度であると評価しました。治療の効果は、科学的根拠の支援を受けて評価されています。

詳細については、社会庁のWebサイトをご覧ください。

推奨スケールに応じた優先度6
症状:関節円板の戻りを伴なわない関節円板の変位
処置:スプリントの位置を変更する

対応の効果:
治療またはスタビライゼーションスプリントなしと比較して、顎関節の痛みに対する高い効果
治療またはスタビライゼーションスプリントなしと比較して、顎関節ノイズへの高い効果
治療またはスタビライゼーションスプリントなしと比較して、触診の痛みに対する中程度の効果
スプリントの再配置の露出後、顎関節の雑音が頻発する。そのため、時間の経過とともに成功率が低下する。長期使用による咬合変化のリスク。

評価:
この状態は、口腔の健康に中程度の影響を及ぼします。つまり、この状態の最高ランクは5です。スプリントの位置を変えると、痛みやパチンという音に良い効果があり、口腔の健康に良い影響を与える機会があります。社会庁は、得られる効果あたりのコストは短期的には中程度であるが、追跡の必要性が高まっているため、スプリントの位置の変更は長期的にはスタビライゼーションスプリントと比較して費用効果が低いと評価しました。検査をアップします。治療の効果は、科学的根拠の支援を受けて評価されています。

詳細については、社会庁のWebサイトをご覧ください。

噛み合わせ治療

噛み合わせ治療とは、歯を削って噛み合わせを調整する咬合調整を意味します。この措置は不可逆的であり、成人歯科治療のための国家ガイドライン2021に従って、関節痛または顎関節症の急性期には避ける必要があります。
しかし、不安定な咬合に伴う外傷が原因と判断される長期的な関節痛では、咬合調整を行うことで口腔内の健康に良い影響を与え、症状を緩和することができます。
咬合調整はまた、偏位咬合を引き起こした炎症状態に伴う長期的な顎関節症においても、咀嚼・咬む能力の改善に役立ちます。すべて成人歯科治療のための国家ガイドライン2021に準拠しています。

咬合矯正に関するファクトシート(coming soon…)

推奨スケールに応じた優先度:非実行
症状:急性期の顎関節症(関節痛)
処置:咬合調整

対応の効果:
有害の可能性あり

評価:
この状態は、口腔の健康に大きな影響を及ぼします。つまり、この状態の最高ランクは3です。咬合の矯正/措置は、社会庁によって許可に良いよりも害を及ぼすと判断されました。科学的根拠が不十分であるため、効果は社会庁の専門家グループによって評価されました。科学的根拠が不十分であるにもかかわらず、この措置には非実施の勧告があります。社会庁の動機は、炎症が最初により良い代替治療法で治療されない限り、この措置は通常、不可逆的な影響と傷害のリスクを伴うということです。また、倫理的な観点から、現在の問題について臨床試験を実施することは不可能であると考えられています。

詳細については、社会庁のWebサイトをご覧ください。

推奨スケールに応じた優先度:非実行
症状:炎症性疾患に関連する急性期の顎関節症
処置:咬合調整

対応の効果:
有害の可能性あり

評価:
この状態は、口腔の健康に非常に大きな影響を及ぼします。つまり、この状態の最高ランクは1です。経験によれば、咬合調整は急性期では有害であるため、実行すべきではありません。社会庁は、この措置は費用効果が高くないと評価しました。科学的根拠が不十分であるため、効果は社会庁の専門家グループによって評価されました。科学的支援がないにもかかわらず、この法案には非推奨の勧告があります。社会庁の動機は、炎症が最初により良い代替治療法で治療されない限り、この措置は通常、不可逆的な影響と傷害のリスクを伴うということです。また、倫理的な観点から、現在の問題について臨床試験を実施することは不可能であると考えられています。

詳細については、社会庁のWebサイトをご覧ください。

推奨スケールに応じた優先度4
症状:偏位咬合を引き起こした炎症性疾患に関連する長期の顎関節症
処置:咬合調整

対応の効果:
咀嚼能力と咬合の能力を向上させる高い効果

評価:
この状態は、口腔の健康に非常に大きな影響を及ぼします。つまり、この状態の最高ランクは1です。咬合調整は良い効果があり、したがって口腔の健康にプラスの影響を与える機会があります。この測定は、多くの場合、除荷や歯ぎしりと組み合わせて行われます。社会庁は、得られる効果あたりのコストは低いと評価しました。科学的根拠が不十分であるため、効果は社会庁の専門家グループによって評価されました。

詳細については、社会庁のWebサイトをご覧ください。

推奨スケールに応じた優先度5
症状:長引く顎の痛み(関節痛)
処置:咬合調整

対応の効果:
不安定な咬合に関連する外傷によって引き起こされる顎関節痛の症状を軽減する可能性があります

評価:
この状態は、口腔の健康に大きな影響を及ぼします。つまり、この状態の最高ランクは3です。咬合調整は、低から中程度の効果があり、したがって、口腔の健康にプラスの影響を与える機会があります。社会庁は、得られる効果あたりのコストは低いと評価しました。科学的根拠が不十分であるため、効果は社会庁の専門家グループによって評価されました。

詳細については、社会庁のWebサイトをご覧ください。

推奨スケールに応じた優先度5
症状:顎の変形性関節症
処置:咬合調整

対応の効果:
咀嚼能力と咬合の能力を向上させる高い効果

評価:
この状態は、口腔の健康に中程度の影響を及ぼします。つまり、この状態の最高ランクは5です。咬合調整は良い効果があり、口腔の健康にプラスの影響を与える機会があります。社会庁は、得られる効果あたりのコストは低いと評価しました。科学的根拠が不十分であるため、効果は社会庁の専門家グループによって評価されました。

詳細については、社会庁のWebサイトをご覧ください。

推奨スケールに応じた優先度8
症状:関節円板の戻りを伴なわない関節円板の変位
処置:咬合調整

対応の効果:
再発のない関節円板の変位が閉塞の不安定性に起因する、またはそれによって悪化すると判断された場合の、疼痛および顎機能に対する低から中程度の効果

評価:
この状態は、口腔の健康に大きな影響を及ぼします。つまり、この状態の最高ランクは3です。咬合調整/測定には、低から中程度の効果があり、口腔の健康にプラスの影響を与える機会があります。咬合調整よりもスタビライゼーションスプリントの方が好ましい。社会庁は、得られた効果ごとにコストが低いと評価しました。科学的根拠が不十分であるため、効果は社会庁の専門家グループによって評価されました。

詳細については、社会庁のWebサイトをご覧ください。

ファローアップ

関節リウマチなどの基礎疾患に関連しない限り、関節痛の予後は一般的に良好です。ほとんどの患者は治療から良い効果を得ますが、時には治療法を組み合わせる必要があります。
したがって、予後を悪化させる要因は、基本的な病気、うつ病などの心理社会的状況、長期の痛みの持続時間、および他の領域での痛みの発生との関連です。
3~6か月経っても治療効果が不十分な場合は、専門の歯科医に紹介するのが適切な場合があります。


参考文献

Christidis N. Bed Physiology-口腔顔面痛と顎機能、第1版、ストックホルム、スウェーデン:Gothia Continuing Education、2020年。
Dworkin SF、Huggins KH、LeResche L、Von Korff M、Howard J、Truelove Eetal。顎関節症の徴候と症状の疫学:症例と対照の臨床徴候。 J Am Dent Assoc 1990; 120:273-281。
LeResche L.顎関節症の疫学:病因の調査への影響。 Crit Rev Oral Biol Med 1997; 8:291-305。
John MT、Dworkin SF、Mancl LA臨床的顎関節症診断の信頼性。痛み2005;118:61-69。
Unell L、Johansson A、Carlsson GE、Halling A、Soderfeldt B. 50歳の被験者の2つのコホートに反映されている、10年間に報告された口腔顔面症状の変化。 Acta Odontol Scand 2006; 64:202-208。
Goncalves DA、Dal Fabbro AL、Campos JA、Bigal ME、Speciali JG集団における顎関節症の症状:疫学研究。 J Orofac Pain 2010; 24:270-278。
Dao TT、LeRescheL.痛みの性差。 J Orofac Pain 2000; 14:169-84;議論184-95。
Johansson A、Unell L、Carlsson GE、SöderfeldtB、HallingA.50歳の被験者の集団における顎関節症に関連する症状の性差。 Jオロファックの痛み。 2003; 17(1):29-35。
オケソンJP。顎関節症および咬合の管理、第7版、St。ルイ、アメリカ合衆国:Mosby Inc、2013年。
Seyle H.ストレスのないストレス、フィラデルフィア、アメリカ合衆国:リッピンコット、1974年
Le Bell Y、JämsäT、Korri S、Niemi PM、Alanen P.人工咬合干渉の影響は、顎関節症の以前の経験に依存します。 ActaOdontolScand。 2002年8月;60(4):219-22。
Le Bell Y、Niemi PM、JämsäT、KylmäläM、AlanenP.顎関節症の病歴のある被験者とない被験者における人工干渉による介入に対する主観的反応。 ActaOdontolScand。 2006年2月;64(1):59-63。
Schiffman E、Ohrbach R、Truelove E、Look J、Anderson G、Goulet JP、List T、Svensson P、Gonzalez Y、Lobbezoo F、Michelotti A、Brooks SL、Ceusters W、Drangsholt M、Ettlin D、Gaul C、Goldberg LJ 、Haythornthwaite JA、Hollender L、Jensen R、John MT、De Laat A、de Leeuw R、Maixner W、van der Meulen M、Murray GM、Nixdorf DR、Palla S、Petersson A、Pionchon P、Smith B、Visscher CM、 Zakrzewska J、Dworkin SF;国際RDC/TMDコンソーシアムネットワーク、国際歯科研究学会;口腔顔面痛分科会、国際疼痛学会。臨床および研究用途の顎関節症(DC / TMD)の診断基準:国際RDC/TMDコンソーシアムネットワーク*および口腔顔面痛特別興味グループ†の推奨事項。 J口頭の顔の痛みの頭痛。 2014; 28(1):6-27

ブログ一覧ページへ戻る

医療法人財団興学会
新橋歯科医科診療所

新橋歯科医科診療所ビル

新橋歯科医科診療所ビル2

住所:〒105-0004
東京都港区新橋4-9-1 新橋プラザビル2階

アクセス:JR新橋駅から徒歩3分

電話番号:03-3437-3880

駐車場:近隣のコインパーキングをご利用ください

ご利用可能カード

  • VISA
  • mastercard
  • JCB
  • Nicos
  • UFJcard
  • AMERICAN EXPRESS
  • Diners Club INTERNATIONAL
午前 9:30 ~
午後 1:00
×
午後 2:00 ~
午後 6:30
×

○歯科診療/ダイエット外来/ボトックス外来/点滴外来

スタッフ募集中 採用に関する情報はこちら

提携・加盟団体

当院では、歯科医療に関わる様々な企業・組織団体に提携・加盟し、
得られた知識・技術を治療に活かしています

  • 一般財団法人 日本スウェーデン歯科学会

  • 特定非営利活動法人 日本歯周病学会

  • 公益社団法人 日本口腔インプラント学会

  • TOKYO DENTAL COLLEGE 東京歯科大学

  • GOTEBORGS UNIVERSITET

  • 東京大学大学院 医学系研究科・医学部

  • 公益社団法人 日本口腔外科学会

  • Medical Note

トップへ戻る

お急ぎの方、直接相談
したい方はお気軽に
お電話ください

000-000-0000

受付時間:10:00~17:00

資料請求をご希望の方はこちら

お問い合わせフォームはこちら

閉じる