「歯列矯正」の器具周辺でも起こりやすい「白い斑点による病変」と「虫歯」の予防 | 新橋歯科医科診療所

矯正歯科

「歯列矯正」の器具周辺でも起こりやすい「白い斑点による病変」と「虫歯」の予防

ホワイトスポット

大人になってからという人も増えた?「歯科矯正(歯列矯正)」によって起こるリスクを減らしてより素敵な笑顔に!

子供の頃からスタートすることが多い「歯科矯正(歯列矯正)」ですが、治療方法としては「中かっこ」と呼ばれる矯正器具を使用するものが一般的です。スウェーデンでは約4人に1人の子供がこの「中かっこ」で治療を行っているのですが、これらの子供たちの最大50%がいわゆる「ホワイトスポット病変」(WSL)を発症しています。
この「ホワイトスポット病変」(WSL)とは、「初期のう蝕(虫歯)」または「エナメル質形成不全(歯のエナメル質の構造が正常につくれなかったこと)」によるエナメル質表層あるいは表層下の脱灰(歯のエナメル質からリンやカルシウムが溶け出すこと)により、歯面が白濁してみえる病変です。
これによって引き起こされるエナメル質の「脱灰」は、通常白っぽく見えることからWSLと呼ばれ、影響を受ける箇所は歯の表面の数と広がり方によって異なります(図1-3 )。WSLは主に歯列矯正器具の周辺で発生し、前歯によく見られるため、歯の印象を損なうことがよくあります。
しかし、自然治癒が難しいため、最終的な治療結果を損なう「瘢痕(傷あと)」のようなものになってしまうのです。

ホワイトスポット_図1
図1.WSLのより細いバンド
 
ホワイトスポット_図2
図2.包括的なWSL
 
ホワイトスポット_図3
図3.WSLの広帯域
 

原因

歯列矯正器で治療している間は、一時的に虫歯のリスクが高まります。口腔内の局所的な状態の変化は、特にpHの低下につながります。さらに、歯の周辺環境がミネラルによって飽和されていない場合、カルシウムとリン酸塩が溶解するため、目に見えるエナメル質表面の脱灰のリスクが高まります。

治療

広範囲にわたり費用のかかる治療を回避するためには、発症したWSLを、可能な限り組織を節約する方法で治療できることが望ましいでしょう。

フッ素やカゼイン溶液でのシール、エッチングや樹脂の含浸など、さまざまな処理が試みられてきましたが、文献によると、残念ながら信憑性の高い方法はありません。また、一部で自然治癒することもあるため、治療が必要な患者であるかの判断が難しくなります。

予防

当面の間は、歯科医は予防的な治療を行うことが必要です。虫歯の予防には、あらゆる種類の「フッ化物」の供給が不可欠です。

フッ化物はエナメル質の脱灰と再石灰化に影響を及ぼし、口腔細菌の代謝を阻害することもあります。歯科矯正患者は虫歯を発症するリスクが高いため、患者には追加のフッ化物が必要になる場合があります。

フッ化物に関する以前の研究では、フッ化物濃度と虫歯予防に関して一般的に用量反応関係があることを示していました。フッ化物の供給を増やす方法のひとつは、練り歯磨きのフッ化物濃度を上げることです。

中かっこで治療をし、さまざまな種類のフッ化物練り歯磨きで磨いた青年のランダム化比較試験では、高フッ化物練り歯磨き(5000 ppm)で磨いたグループは、通常のフッ化物練り歯磨き(1450 ppm)で磨いたグループの青年と比較して、大幅に低いWSLの発生率を示す統計となりました。リスクの低減は30%強に達しました。
また、高フッ化物歯磨き粉でブラッシングしたグループは、WSLの重症度でも低い結果となりました。

5000 ppmを含む練り歯磨きは、現在、高コストの医薬品保護の対象となっています。ただし、歯磨き粉でブラッシングするにはサポートが必要です。つまり、専門家によるフッ化物ワニスの塗布など、他の方法によりフッ化物濃度を上げることが適切な場合もあります。

フッ化物ワニスの定期的な専門家による塗布は、歯科矯正患者のWSLの発症を軽減する効果があることが示されています。フッ化物ワニスとプラセボワニスでそれぞれ治療された永久装具の患者を対象としたランダム化比較試験では、フッ化物ワニスで治療されたグループの7%がWSLを発症しました。これに対して、プラセボワニスで治療されたグループでは、約25%がWSLを発症しました。いくつかの研究では、フッ化物ワニスの使用における同様の効果を指摘しています。

Cochrane(コクラン)の最新情報によると、WSLのリスクを減らすために、フッ化物ワニスの専門的なフッ化物供給の科学的根拠は中程度です。どの治療法を選択するかについての臨床的意思決定の基礎を形成する科学的基礎を強化するために、追加の前向き無作為化比較臨床試験が現在必要とされています。

参考文献

Azarpazhooh A、メインPA。小児および青年の虫歯予防におけるフッ化物ワニス:系統的レビュー。 Tex Dent J 2008; 125:318-37。
Bergstrand F、TwetmanS.矯正後のホワイトスポット病変の予防と治療に関するレビュー-エビデンスに基づく方法と新しい技術。 Open Dent J 2011; 5:158-62。
Benson PE Parkin NDyer FMillett DTGermainP 。固定ブレース治療中の初期の虫歯(脱灰病変)を防ぐためのフッ化物。コクランデータベースシステムRev. 2019年11月17日;2019年(11)。土井:10.1002/14651858.CD003809.pub4。
ブザラフMA、ペッサンJP、ホノリオHM、10ケイトJM。齲蝕抑制のためのフッ化物の作用機序。 MonogrOralSci。 2011; 22:97-114。
Chen H、Liu X、Dai J、Jiang Z、Guo T、Ding Y.矯正治療後の白斑病変に対する再石灰化剤の効果:系統的レビュー。 J OrthodDentofacialOrthop。 2013; 143:376-82。
Fernández-FerrerL、Vicente-RuízM、García-SanzV、Montiel-Company JM、Paredes-Gallardo V、Almerich-Silla JM、Bellot-ArcísC.矯正後の白斑病変を治療するためのエナメル質再石灰化療法:系統的レビュー。 J AmDentAssoc。 2018; 149:778-786.e2。土井:10.1016/j.adaj.2018.05.010。 Epub20187月12日。
マリニョVC。虫歯予防のためのフッ化物療法のランダム化試験のコクランレビュー。 Eur ArchPaediatrDent。 2009; 10:183-91。
Richter AE、Arruda AO、Peters MC、SohnW.包括的な歯列矯正で治療された患者の齲蝕病変の発生率。 Am J Orthod Dentofacial Orthop 2011; 139:657-64。
Sonesson MBrechter AAbdulraheem SLindman RTwetmanS 。固定器具による歯科矯正治療中の白斑病変の予防のためのフッ化物ワニス:ランダム化比較試験。 EurJOrthod。 2019年6月14日。pii:cjz045。土井:10.1093 / ejo/cjz045。
Sonesson M、Twetman S、BondemarkL.歯科矯正治療中のエナメル質の脱灰に対する高フッ化物練り歯磨きの有効性-多施設ランダム化比較試験。 EurJOrthod。 2014; 36:678-82。
Sonesson M、Bergstrand F、Gizani S、Twetman S.矯正後のホワイトスポット病変の管理:最新の系統的レビュー。 EurJOrthod。 2016年3月30日。pii:cjw023。
Stecksén-BlicksC、Renfors G、Oscarson ND、Bergstrand F、Twetman S. Caries-フッ化物ワニスの予防効果:固定された歯科矯正器具を使用した青年を対象としたランダム化比較試験。齲蝕解像度。 2007; 41:455-9。
Wong MC、Clarkson J、Glenny AM、Lo EC、Marinho VC、Tsang BW、Walsh T、WorthingtonHV。フッ化物練り歯磨きの利点/リスクに関するコクランレビュー。 JDentRes。 2011; 90:573-9。
イエトキナーE、ウェゲハウプトF、ウィーガンドA、アティンR、アティンT。invitroでの浸潤、微小擦過傷、またはフッ化物治療後の白斑病変の色の改善と安定性。 EurJOrthod。 2014; 36:595-602。

ブログ一覧ページへ戻る

医療法人財団興学会
新橋歯科医科診療所

新橋歯科医科診療所ビル

新橋歯科医科診療所ビル2

住所:〒105-0004
東京都港区新橋4-9-1 新橋プラザビル2階

アクセス:JR新橋駅から徒歩3分

電話番号:03-3437-3880

駐車場:近隣のコインパーキングをご利用ください

ご利用可能カード

  • VISA
  • mastercard
  • JCB
  • Nicos
  • UFJcard
  • AMERICAN EXPRESS
  • Diners Club INTERNATIONAL
午前 9:30 ~
午後 1:00
×
午後 2:00 ~
午後 6:30
×

○歯科診療/ダイエット外来/ボトックス外来/点滴外来

スタッフ募集中 採用に関する情報はこちら

提携・加盟団体

当院では、歯科医療に関わる様々な企業・組織団体に提携・加盟し、
得られた知識・技術を治療に活かしています

  • 一般財団法人 日本スウェーデン歯科学会

  • 特定非営利活動法人 日本歯周病学会

  • 公益社団法人 日本口腔インプラント学会

  • TOKYO DENTAL COLLEGE 東京歯科大学

  • GOTEBORGS UNIVERSITET

  • 東京大学大学院 医学系研究科・医学部

  • 公益社団法人 日本口腔外科学会

  • Medical Note

審美歯科

ダイエット外来

無料ご相談窓口Web予約

ウェブ予約はこちら

トップへ戻る

お急ぎの方、直接相談
したい方はお気軽に
お電話ください

000-000-0000

受付時間:10:00~17:00

資料請求をご希望の方はこちら

お問い合わせフォームはこちら

閉じる