いつまでも輝く笑顔でいられることの大切さ。根管充填の歯に適応する「ウォーキングブリーチ」とは | 新橋歯科医科診療所

興学会とスウェーデン歯科の取り組み情報サイト

いつまでも輝く笑顔でいられることの大切さ。根管充填の歯に適応する「ウォーキングブリーチ」とは

ウォーキングブリーチ

変色の原因や程度を追求し、根管充填の歯に対するリスクの低い方法での治療、理想に近づける治療のあり方をを考える

いつも楽しく思い切り笑っていたいけど…自分の歯が気になって思い切り笑えない…そんな方の理由の中には、ご自身の変色してしまった歯が気になる、という方も多くいらっしゃると思います。

変色した歯は審美的な問題であり、歯の漂白は、小さな詰め物と豊富な歯の物質を含む歯のクラウン(歯の被せ物)またはラミネートべニア(貼り付けて応用する薄いセラミックのシェル)と比較して、低侵襲で費用対効果の高い治療の可能性がある場合があります。変色は、エナメル、デンチンセメントの両方に影響を与える可能性があり、歯の発達中または局所的な影響による歯の萌出後にすでに発生する可能性があります。外傷、先天性、全身性、代謝性、または薬理学的原因などにより歯の形成中に発生した変色は、色素が歯のミネラル(無機質)に結合していることを意味します。これは、歯の漂白の効果が低いことを意味します。歯が石灰化した後に発生する変色は、多くの場合が歯の有機成分に結合した色素を持ち、血液、壊死組織、または歯科材料からの染料が歯に入るときに発生する可能性があります。歯髄内の内出血や壊死組織による歯髄腔内からの変色では、歯髄腔や空洞の他の部分に歯髄組織が残らないように空洞の準備を注意深く設計することで回避できます。この種の変色が発生した場合は、漂白の助力により比較的簡単に修復できます。

治療の原則

歯の漂白(ブリーチ)とは、一般に、分子鎖を分割することによって着色物質が酸化または無着色に還元されることを意味し、この漂白剤には、過酸化水素,過酸化尿素,過ホウ酸ナトリウムなどが使用されます。歯科では、過酸化水素ベースの製剤(H2O2)を使用する伝統があります。低分子量のため、過酸化水素は歯突起に浸透して酸素を放出し、尿細管内の有機組成と無機組成の両方の二重結合を切断する可能性があります。
組織と接触したら、過酸化水素(H2O2)が分解されて生じたフリーラジカル(歯の表面に付着した着色物質と結びついて安定)まで一時休止。フリーラジカルは、原子が対になっていない電子を持っている化学状態であり、非常に不安定で反応性があります。 H2O2は、ヒドロキシルラジカルなど歯の無機構造に決定的な影響を与えるようには見えません。有機構造は、タンパク質のペプチド鎖を分画することによりフリーラジカルの影響を受けます。分子鎖が短くなると、拡散によって色素を除去することができます。過酸化水素の活性酸素への分解は、熱または光の適用によって加速されます。

合併症

ブリーチした根管充填をしている歯の長期追跡調査は、30%の過酸化水素(H2O2)で漂白した後、一定の頻度の頸部歯根吸収を示した。歯の頸部は、セメントとプリセメントの厚さが根の表面の他の部分よりも薄いため、吸収に敏感です。過酸化水素はそれ自体が反応物ではなく、反応性が高く有害なヒドロキシルラジカルとしてフリーラジカルを形成する原因です。寿命が短いにもかかわらず、形成された箇所に大きな損傷を与える可能性があります。体がそれらを処理することができないほど多くのフリーラジカルが形成される場合、組織の損傷が発生します。加熱と組み合わせた高濃度の過酸化水素は、頸部歯根吸収に有利に働くようです。メカニズムは不明ですが、漂白剤が歯槽を介して歯周組織に到達すると、炎症反応を開始することが示唆されています。インビトロ研究は、pulpakavumに置かれた過酸化水素が歯を貫通することを示しました。熱供給は浸透能力をさらに高めます(これは副作用のリスクも高めるため、避ける必要があります)。

予後

ブリーチの予後は、変色の原因と程度によって異なります。良い結果が得られないリスクは常にあり、患者にも通知する必要があります。予後を評価し、適切な治療を行うことができるようにするためには、変色の原因に対する考えを最初に取得する必要があります。また、ブリーチを開始する前に、根管充填の品質を確認する必要があります。X線検査または臨床検査で既存の根管に漏れがあることが示された場合は、漏れを防ぎ、歯周靭帯の損傷を防ぐために、ブリーチをする前に根管を修復する必要があります。最も費用効果が高いと判断された漂白方法が使用されること、すなわち短時間で良好な結果が得られ合併症のリスクが低い方法は、治療の間に漂白剤を含むインサート、いわゆる「ウォーキングブリーチ」(失活歯のホワイトニング)を使用する方法です。

治療

35%過酸化水素を含むOpalescence®Endoは、内部漂白に使用されており、現在、CEマーキングのある医療機器である市場で唯一の製品です。

「ウォーキングブリーチ」でのワークフロー:

  1. カラースケールと写真を使用し、歯の色に注意します。
  2. アクセスキャビティー(髄室開拡)を行うために充填物を取り除きます。
  3. エリアを保護するために蓋をします。これは、漂白剤が口腔内に侵入したり周囲の組織と接触したりするのを防ぐためです。
  4. アクセスキャビティー(髄室開拡)が髄角(前歯部の歯髄の尖った部分)で適切に拡張されていることを確認します。
  5. クラウンに接続されている歯管が露出するほど深く根管の充填剤を取り除きます。漂白剤が塗布されるスペースは、歯髄骨の水準を超えてはなりません。
  6. 歯周膜への拡散を防ぐために、1~2mmの厚さのグラスアイオノマーセメントまたは流入しやすい複合材料の層で根管を密封します。
  7. 空洞内の歯の表面を漂白剤で覆います。
  8. ぴったりとフィットする仮歯を使用します。
  9. 治療は、望ましい結果が得られるまで3~5日間隔で繰り返されます(通常は2~3回)。ブリーチされた歯は通常、時間の経過とともにわずかに暗くなるため、可能であれば、隣接する歯よりもわずかに明るい色にブリーチします。
  10. ブリーチ完了後、高密度の充填複合材料を塗布します。

アクセスキャビティー(髄室開拡)とは、根管処置に先立って、歯冠歯髄腔を開放して根管に器具を到達させるための経路を確保する操作です。

使用する漂白剤については、製造元の指示を読み、必ずそれに従いご使用ください。

参考文献

Baratieri LN、Ritter AV、Monteiero S Jr、Caldeira de Andrada MA、VieiraLC。非生体歯の漂白:臨床医のためのガイドライン。 Quintessence Int 1995; 26:597-608。
チーズマンKH、スレーターTF。フリーラジカル生化学入門。 Br Med Bull 1993; 49:481-93。
Cvek M、Lindvall AMパルプのない歯を酸素過酸化物で漂白した後の外部根吸収。 Endod Dent Traumatol 1985; 1:56-60
Dahl JE、PallesenU。歯の漂白-生物学的側面の批評的レビュー。 Crit Rev Oral Biol Med 2003; 14:292-304。
フリードマンS、ロトスタインI、リブフェルドH、スタブホルツA、ハイリングI.外部の根の吸収と美的感覚の発生により、58本の皮をむいたパルプのない歯ができました。 Endod Dent Traumatol 1988; 4:23-6。
川本K、辻本Y.歯の漂白に対するヒドロキシルラジカルと過酸化水素の影響。 J Endod 2004; 30:45-50。
KDMからの知識文書-VII。歯を白くするための材料。全国健康福祉委員会2008。
Lim MY、Lum SOY、Poh RSC、Lee GP、Lim KC 35%過酸化カルバミドの漂白効果と確立された冠状動脈内漂白剤とのinvitro比較。 Int End J 2004; 37:483-8。
ナトゥーSA。外因性および内因性変色の化学的性質とメカニズム。 JADA 1997; 128:6-10。
Plotino G、Buono L、Grande NM、Pameijer CH、Somma F.非生体歯の漂白:文献と臨床手順のレビュー。 J Endod 2008; 34:394-407。
Rotstein I.漂白中のデンチンおよびセメント質への30%過酸化水素浸透のinvitro測定および定量化。 Oral Surg Oral Med Oral Pathol 1991; 72:602-6。
Rotstein I、Mor C、Friedman S. invitroでの過ホウ酸ナトリウム製剤による冠動脈内漂白の予後:1年間の研究。 J Endod 1993; 19:10-2。

ブログ一覧ページへ戻る

医療法人財団興学会
新橋歯科医科診療所

新橋歯科医科診療所ビル

新橋歯科医科診療所ビル2

住所:〒105-0004
東京都港区新橋4-9-1 新橋プラザビル2階

アクセス:JR新橋駅から徒歩3分

電話番号:03-3437-3880

駐車場:近隣のコインパーキングをご利用ください

ご利用可能カード

  • VISA
  • mastercard
  • JCB
  • Nicos
  • UFJcard
  • AMERICAN EXPRESS
  • Diners Club INTERNATIONAL
午前 9:30 ~
午後 1:00
×
午後 2:00 ~
午後 6:30
×

○歯科診療/ダイエット外来/ボトックス外来/点滴外来

スタッフ募集中 採用に関する情報はこちら

提携・加盟団体

当院では、歯科医療に関わる様々な企業・組織団体に提携・加盟し、
得られた知識・技術を治療に活かしています

  • 一般財団法人 日本スウェーデン歯科学会

  • 特定非営利活動法人 日本歯周病学会

  • 公益社団法人 日本口腔インプラント学会

  • TOKYO DENTAL COLLEGE 東京歯科大学

  • GOTEBORGS UNIVERSITET

  • 東京大学大学院 医学系研究科・医学部

  • 公益社団法人 日本口腔外科学会

  • Medical Note

審美歯科

ダイエット外来

無料ご相談窓口Web予約

ウェブ予約はこちら

トップへ戻る

お急ぎの方、直接相談
したい方はお気軽に
お電話ください

000-000-0000

受付時間:10:00~17:00

資料請求をご希望の方はこちら

お問い合わせフォームはこちら

閉じる