顎の痛みだけではない、日常生活にも大きく影響を及ぼす「顎関節症(TMD)」の診断プロセス | 新橋歯科医科診療所

興学会とスウェーデン歯科の取り組み情報サイト

顎の痛みだけではない、日常生活にも大きく影響を及ぼす「顎関節症(TMD)」の診断プロセス

顎関節症

放っておくとストレスにも…「顎関節症」の各方面からのプロセスによる的確な診断とは

日常生活の中で、長期間におよび顔のどこかに痛みを感じていることはありませんか?この痛みの原因の中で最も一般的なのが「顎関節症(TMD)」です。症状は主に、「顎・こめかみ・耳の痛み」「頭痛」「口を大きく開けて噛めない」ことです。
TMDは生活の質にも大きな悪影響を及ぼしますが、現在承認されている診断システムがあるにもかかわらず、歯科医療と医療の両方で依然として過小診断と治療が不十分であることが現状です。

疫学

TMDの有病率は、成人人口の9~15%であり、TMD以外の「痛み」が出る症状と同様に、男性よりも女性に多く見られます。発生率は10代の間に増加し、20~30代で最も高くなり、その後高齢になるにつれ減少していきます。

歴史

  • 1992年…診断システム「RDC/TMD(顎関節症の研究診断基準)」が導入され、特に痛みの研究のために開発されました。
  • 2014年…一般歯科医療、専門歯科医療、研究の各方面を対象とした「改訂版 DC / TMD(顎関節症の診断基準)」が発行されました。
  • DC / TMDは、最も一般的な症状に適用されています。
  • DC / TMDは、20年以上にわたる国際的な研究に基づいており、数多くのデータシステム基盤により形成されています。
  • DC / TMDには2つの軸があります:
    • 軸I:臨床状態
    • 軸II:心理社会的要因
  • 軸Iを診断するには、特定の臨床検査からの情報と組み合わせた質問票による情報が必要です。
  • 特に一般的な歯科治療のために、現在は簡略化されたバージョンがあります。簡易版DC/TMD。
  • 子供や若者向けバージョンが開発されています。

用途

  • DC / TMDには、厳密に定義された検査方法が含まれており、高レベルの有効性と信頼性が必要であることが示されています。
  • DC / TMDに含まれるほとんどの診断では、「感度(病気の人が正しく病気であると判断される確率)」と「特異度(病気でない人が正しく病気でないと判断される確率)」が非常に高くなっています。
  • DC / TMD基準は取り扱いやすく確実性高い診断を示した、臨床使用のために特別に開発されたものです。
  • DC / TMD検査には、顎の動きやすさ、顎関節、咀嚼筋と顎関節の触診の評価が含まれます。
  • DC / TMDは、最も一般的な症状に適用されていますが、他の検査での補足が必要になる場合があります。

学習

  • DC / TMDは現在、スウェーデンの4つの教育機関すべての歯科学生に、一般歯科医、ST歯科医、咬傷生理学の専門家、およびその他の専門家グループへの定期的なコースを通じて教えられています。
  • 2日間のコース、または教育用フィルムを使用した自己学習によって学ぶことができます。
  • スウェーデンのマルメと米国のバッファローにある初のDC/TMDトレーニングおよび信頼性センターには、スウェーデン(ウメオ)と海外(フィンランド、ドイツ、デンマーク、日本を含む)の各方面にトレーニングセンターが追加されました。

診断プロセス

DC / TMDシステムには、スクリーニング一般歯科治療レベル専門医レベルの3つのレベルがあります。

スクリーニングレベル
一般歯科医療施設に来院するDC/TMDの可能性が高い患者を特定するために、既往歴の一部としてすべての患者に3つのスクリーニング質問(3Q / TMD)を尋ねる必要があります。いくつかの地方自治体や民間歯科医院では、これらのスクリーニングの質問が健康宣言に含まれています。

DC / TMDと診断された患者を特定するには、非常に確実性の高い質問です。これは、大人と12歳からの若者の両方に適用されます。

  1. 週に1回以上、こめかみ、顔、顎の関節、顎が痛むことがありますか?
  2. 週に1回以上、あくびをしたり噛んだりすると痛むことがありますか?
  3. 週に1回以上、顎が動かなくなったり引っかかったりすることがありますか?

患者がこれらの質問のいずれかに「はい」と答えた場合、DC/TMDに従って顎のシステムと顎筋の咬合生理学的検査を続行します。

公的歯科医療

  • 1つまたは複数のスクリーニング質問に「はい」と答えた患者には、新たにDC/TMDによる検査のための時間が設けられます。
  • DC / TMD研究の簡易版は、患者の検査のために使用されます。
  • 簡易版には、短い質問票と臨床検査が含まれています。
  • 必要に応じて補足検査を行うことが可能です。
  • 軸IIのデータは、治療計画と予後評価に使用され、一般歯科医が治療する必要があるかどうか、または患者を専門医に紹介する必要があるかどうかの基準も提供します。

スペシャリストレベル

  • 咬傷生理学の専門家のための、詳細な検査方法があります。
  • 補足調査もここで行われます。
  • DC / TMDによるほとんどの診断条件では、最初は画像診断の必要はありません。

DC/TMD診断
DC / TMDに適用されている診断、つまり人口に対して最も一般的な診断は次のとおりです(* = Short DC / TMDによる診断):

  • 筋肉痛*
  • 関連痛を伴う筋筋膜性疼痛
  • 関節痛*
  • TMDに起因する頭痛*
  • リターン付きディスク変位*
  • リターンと定期的なフッキングを伴うディスク転位
  • 返品なしのディスク変位*
  • ギャップ容量が制限されたリターンなしのディスク転位
  • ギャップ容量が制限されていないリターンなしのディスク変位
  • 変形性関節症*

最も一般的な症状に適用されるこれらのDC/TMD診断に加えて、より稀な診断のために拡張されたDC/TMD分類法があります。

高度な読書:

あごの筋肉の痛みと機能障害

あごの痛み

ディスクシフトの問題

閉塞-痛みと機能障害

処理

意思決定プロセスの概要は以下のとおりです。

社会庁の国家ガイドラインに従って、顎機能障害のある患者は、ほとんどの場合、簡単な方法でうまく治療することができます。症状の緩和についての情報、運動トレーニング/顎の体操、ブレースによる救済、および日中の歯の圧迫/歯の叢生を避ける方法の説明。薬理学的製剤も痛みのために検討することができます。

2021年、スウェーデンベッド生理学協会(SFB)は、一般歯科治療の治療サポートをまとめました(以下の詳細情報を参照)。

顎関節症_図1
「口腔顔面痛および機能障害の一般歯科治療の治療サポート」
 

スクリーニングレベル、DC / TMD検査、治療、および咬合生理学の専門歯科医への紹介の可能性を備えた一般歯科医の意思決定プロセスの概要

 

詳しくは

次のWebサイトには、スウェーデンの歯科に特に適合したスクリーニング、診断、および治療に関する追加のドキュメントが含まれています。Kort DC/TMDおよび内国民待遇サポートのWebサイト

DC / TMDを開発する国際ネットワークINfORM(口腔顔面痛および関連障害の方法論のための国際ネットワーク)に属するWebサイトから、ドキュメントおよび説明ビデオをダウンロードすることもできます: WebサイトINfORM

参考文献

2022年、Durham J、Ohrbach R、Alstergren P.顎関節症の簡単な診断基準(bDC / TMD)の構築と予備検証の提供。
Dworkin S、LeResche L.顎関節症の診断基準の研究:レビュー、基準、検査と仕様、批評。 Jクラニオマンドディスコード。 1992; 6:301-55。
LövgrenA、Visscher CM、Häggman-HenriksonB、Lobbezoo F、Marklund S、Wanman A. DC / TMDに関連する3つのスクリーニング質問(3Q / TMD)の妥当性。 Jオーラルリハビリ。 2016; 43(10):729-36。
LövgrenA、Häggman-HenriksonB、Visscher CM、Lobbezoo F、Marklund S、Wanman A.生涯をカバーするさまざまな年齢での顎関節症と顎機能障害–人口ベースの研究。 EurJの痛み。 2016; 20(4):532-40。
ミケロッティA、アルスターグレンP、グレットJP、ロベズーF、オーバッハR、ペックC、他顎関節症(DC / TMD)の診断基準の開発における次のステップ:国際RDC/TMDコンソーシアムネットワークワークショップからの推奨事項。 Jオーラルリハビリ。 2016; 43(6):453-67。
Peck CC、Goulet JP、Lobbezoo F、Schiffman EL、Alstergren P、AndersonGCなど。顎関節症の診断基準の分類法を拡張します。 Jオーラルリハビリ。 2014; 41(1):2-23。
2021年12月24日、Rongo R、Ekberg E、Nilsson IM、Al-Khotani A、Alstergren P、ContiPCRなど。小児および青年における顎関節症(DC / TMD)の診断基準:国際的なデルファイ研究-パート2-軸IIの開発。 Jオーラルリハビリ。
Schiffman E、Ohrbach R、Truelove E、Look J、Anderson G、Goulet JP、他臨床および研究用途の顎関節症(DC / TMD)の診断基準:国際RDC/TMDコンソーシアムネットワーク*および口腔顔面痛特別関心グループダガーの推奨事項。口腔および顔面の痛みと頭痛のジャーナル。 2014; 28(1):6-27。

ブログ一覧ページへ戻る

医療法人財団興学会
新橋歯科医科診療所

新橋歯科医科診療所ビル

新橋歯科医科診療所ビル2

住所:〒105-0004
東京都港区新橋4-9-1 新橋プラザビル2階

アクセス:JR新橋駅から徒歩3分

電話番号:03-3437-3880

駐車場:近隣のコインパーキングをご利用ください

ご利用可能カード

  • VISA
  • mastercard
  • JCB
  • Nicos
  • UFJcard
  • AMERICAN EXPRESS
  • Diners Club INTERNATIONAL
午前 9:30 ~
午後 1:00
×
午後 2:00 ~
午後 6:30
×

○歯科診療/ダイエット外来/ボトックス外来/点滴外来

スタッフ募集中 採用に関する情報はこちら

提携・加盟団体

当院では、歯科医療に関わる様々な企業・組織団体に提携・加盟し、
得られた知識・技術を治療に活かしています

  • 一般財団法人 日本スウェーデン歯科学会

  • 特定非営利活動法人 日本歯周病学会

  • 公益社団法人 日本口腔インプラント学会

  • TOKYO DENTAL COLLEGE 東京歯科大学

  • GOTEBORGS UNIVERSITET

  • 東京大学大学院 医学系研究科・医学部

  • 公益社団法人 日本口腔外科学会

  • Medical Note

審美歯科

ダイエット外来

無料ご相談窓口Web予約

ウェブ予約はこちら

トップへ戻る

お急ぎの方、直接相談
したい方はお気軽に
お電話ください

000-000-0000

受付時間:10:00~17:00

資料請求をご希望の方はこちら

お問い合わせフォームはこちら

閉じる