失った歯の隙間の改善や健康状態の悪化防止に。「インプラントが支持するクラウン」による治療法とは | 新橋歯科医科診療所

興学会とスウェーデン歯科の取り組み情報サイト

失った歯の隙間の改善や健康状態の悪化防止に。「インプラントが支持するクラウン」による治療法とは

インプラント支持冠

審美性だけでなく第一に大切な「お口の健康」。健康維持には欠かせない歯の喪失後の治療を「インプラント支持によるクラウン」という手法から。

お口のテーマには多く登場する「審美性」、そして「口腔の健康」。原因はさまざまありますが、インプラント支持によるクラウンを使用した治療による改善方法もあります。
この治療に適した状態、治療方法から予後までを見ていきます。

原因

抜歯の原因には、歯根の骨折、虫歯、歯周病などがあります。その他、患者さんの経済状態や歯科医師の意見なども判断材料になることがあります。若い患者では、先天的に歯がないこと(無形成)や外傷が歯の喪失の主な原因です。ヴェストラ・イェタランドの専門クリニックでインプラント支持によるクラウンで治療された185人の患者の追跡調査では、歯の喪失の原因は形成不全(無形成)(52%)、外傷(30%)、歯根骨折(5%)、その他の原因(13%)であることがわかりました。歯の喪失の原因に関する同様の数値は、25人の患者に48個のインプラント支持によるクラウンを使用した最近の研究でも報告されています。その他に、トラウマ(44%)や別の原因(8%)も挙げられています。

症状

顎または下顎の前部の歯の隙間は、主に審美的な問題ですが、発音、会話、咀嚼などの口腔機能にも影響を与える可能性があります。 スウェーデン保健福祉庁(社会庁)の国家ガイドラインは、歯の喪失が上顎前歯部または下顎前歯部にある場合、歯の隙間が口腔の健康に大きな影響を与えると評価していますが、歯の隙間が側面にある場合、影響はより穏やかであると見なされます。

検査

インプラント支持によるクラウンで治療をする前に、以下の状況を確認する必要があります。

既往歴

  • 現在および以前の投薬
  • 歯科での以前の経験
  • 歯の喪失の原因
  • 喫煙やスヌース(無煙タバコ)などのニコチンの使用
  • 治療への希望と期待
  • 経済状況

臨床検査

担当の歯科医が、問題の領域の歯槽と隣接する歯の臨床検査を徹底的に行うことが最も重要です。

  • 周囲の歯の状態-外傷の有無、う蝕の有無、歯周病による衰弱
  • 歯の隙間のサイズと周囲の歯に対する歯槽骨の高さ
  • 歯槽の形と体積
  • 領域の垂直方向の高さ
  • 閉塞および関節の状態
  • 口腔衛生

インプラント治療の前に、患者は齲蝕および周期的なクリーニングを受ける必要があります。

X線検査

問題の領域と隣接する歯のパノラマ画像(OPG)と補完的な口腔内X線写真。解剖学的についてかなり不確実な状態の場合、CBCTX線を術前に行うことができます。

治療法の選択は、以下の要因に基づいています

  • 患者の希望
  • 周囲の歯の状態。隣接する歯に外傷がない場合、インプラント支持によるクラウンが直接の代替手段です。
  • 経済状況
  • 口腔衛生
  • 歯槽の形と体積
  • 周囲の歯に対する軟組織(歯髄)の位置と形状

全国ガイドラインの推奨事項

歯科治療に関する国内ガイドラインでは、5つの代替治療提案に対して異なる優先順位があります(数値が小さいほど、推奨の優先順位が高くなります)。

上顎前歯部

  • インプラント支持によるクラウン(推奨3)
  • 歯列矯正(推奨3)
  • ブリッジ治療(推奨3)
  • 延長ブリッジ(推奨4)
  • エッチングを施した金属製のブリッジ(推奨6)( 5年後のブリッジの生存率が低い(退縮なし))

下顎前歯部

  • 歯列矯正(推奨3)
  • ブリッジ治療(推奨3)
  • 延長ブリッジ(推奨4)
  • インプラント支持によるクラウン(推奨5)
  • エッチングを施した金属製のブリッジ(推奨6)

上顎側と下顎側

  • インプラント支持によるクラウン(推奨5)
  • ブリッジ治療(推奨5)
  • 延長ブリッジ(推奨6)

治療

準備

歯の隙間の評価

前歯領域にインプラント支持によるクラウン(シングルインプラント)を使用して審美的な結果を得るためには、インプラントの埋入位置が3次元的に最適である必要があります。つまり、隣接する歯までの適切な距離にインプラントを取り付けるための「ガイドレール」を作成することをお勧めします。
当該部位に歯槽突起の広範な吸収または軟組織の欠損があってはなりません。吸収された歯槽突起は、自家骨、骨補填材、メンブレンなど、何らかの方法で骨を補強して治療する必要があります。最近発表されたRCT(ランダム化比較試験)研究では、インプラント埋入と同時に軟組織移植を併用したか否かにかかわらず、60名の患者において審美的な差は認められませんでした。

インプラントを直接取り付ける

抜歯と比較して、直接インプラントを埋入するメリットはあるか、それとも歯槽骨の治癒を待って、従来のインプラントを埋入する必要があるか。インプラントを直接取り付けると審美的に良好な結果が得られる臨床状況がありますが、これは完全に予測できるものではなく、外科医の豊富な経験が必要です。科学的に一貫した結論は不十分ですが、臨床的に多くの外科医は、インプラント手術の8~10週間前に歯槽の軟組織治癒を好みます。

直接充填する

特定の患者に、単一のインプラントの直接充填、つまり48時間以内の充填を使用できます。

距離の選択

審美的に重要な領域でインプラントの取り付けが最適に行われていない場合は、チタンまたはジルコニアのいずれかで個別にCAD/CAMで製造されたスペーサーを使用する必要があります。ジルコニアは通常、審美的に優れた結果をもたらし、外部六角形接続のインプラントにジルコニアスペーサーを使用した10~11年後の追跡調査では、破折はわずか1%でした。別の研究では、内部ロック付きのインプラントにジルコニアを用いた使用では、5~6年後に骨折頻度(7.8%)という有意に高い数値が示されました。

クラウンの選択

メタルセラミッククラウンの代わりに、ジルコニアまたは他のセラミック材料でオールセラミッククラウンを使用するのが今日では一般的です。インプラントの配置がこれを可能にする場合、スクリュー固定式のクラウンが一般的に好ましいです。次に、ジルコニアまたはチタンのスペーサーの上に直接陶材(ポーセレン)を焼成していきます。利点は、セメント接合部がないことと、構造上修理が容易であるということです。
ジルコニアまたはリチウムジシリケート歯科用ガラスセラミック(EMX)のいずれかのオールセラミッククラウンをチタン製のスペーサーにセメントで固定し、ネジ止め式のクラウン(さし歯)を提供する方法もあります。この方法は、使用されているいくつかのインプラントシステム用に開発されましたが、私の知る限り、この方法を使用したこれ以上の臨床研究は発表されていません。

治療コース、インプラント支持によるクラウン

  • スプーンデンチャーと呼ばれる義歯がつくられます
  • インプラントレベルでの印象。咬合登録とステインを追加
  • 経済軟組織の被覆やクラウンの審美的デザインについて不確実な場合は、テンポラリークラウン(TEK(テック)・仮歯)が適している場合があります。審美的に満足のいく結果を得るための重要な計画は、インプラントの埋入前に行う必要があることに注意してください。
  • スクリュー固定式またはセメントを用いたクラウンのジルコニアまたはチタンでのそれぞれの距離
  • 治療の完了-X線の取り扱いと衛生に関する情報

インプラント支持によるクラウンのデジタルインプラントは、従来のインプラント技術と比較して、患者に高く評価され、好まれる代替手段となります。

ファローアップ

インプラント支持でのクラウンによる治療を受けた患者は、継続的なフォローアップと治療結果の管理が必要です。周囲の軟部組織(インプラント周囲粘膜)の瘻孔や炎症には特別な注意を払う必要があります。原因はセメントの過剰である可能性があり、その後除去する必要があります。

予後

予報は良好です。
「インプラントの生存率が100%に近く、辺縁骨の喪失(> 2 mm)のリスクが5%未満であり、単一の歯の患者を治療する場合のインプラント支持によるクラウンの生存率が90%を超えるという限られた科学的証拠があります。 2010年のSBUレポートによると、少なくとも5年間のフォローアップ期間中に、インプラント支持によるシングルクラウンによる喪失が報告された」。

技術的な問題は、スクリュー、ジョイントの緩み、セメントを用いたクラウンの緩み、前面の材料の破損などの形で発生します。
生物学的合併症は、インプラント周囲組織の炎症、露出距離での審美的合併症、または場合によっては、歯槽突起の成長と歯の移動によって引き起こされるインプラント支持によるクラウンのインフラストラクチャーです。
社会庁の専門家グループによると、下顎前歯部のインプラント支持によるクラウンは、合併症のリスクが高いため、優先順位は低くなります。

最近発表された系統的レビューの記事によると、インプラント支持によるクラウンは5年後と10年後の両方で高い生存率を示しましたが、技術的、生物学的、審美的な合併症のリスクがあります。インプラント支持によるクラウンの10~11年間のフォローアップでは、合併症を示した患者はほとんどおらず、治療に対する患者の満足度は非常に高い報告でした。

また、CAD/CAMで製作されたインプラント支持のクラウンの臼歯部における2年および5年の臨床試験による「前向き研究」も行われています。

インプラントの長さは、予後にとって非常に重要であるように思われます。 長さ6mmと10mmのインプラントの生存率を比較し、96名の患者さんの5年後の生存率は、6mm群91%、10mm群100%でした。

参考文献

Benic GI、Mir-Mari J、HämmerleCHシングルインプラントクラウンのローディングプロトコル:系統的レビューとメタアナリシス。口腔および顎顔面インプラントの国際ジャーナル。 2014. 29:補足:222-238。
Ekfeldt A、FürstB、CarlssonGE。単歯インプラント修復用のジルコニアアバットメント:遡及的および臨床的追跡調査。臨床口腔インプラント研究2011; 22 1308〜1314。
Ekfeldt A、FürstB、CarlssonGE。単歯インプラント修復用のジルコニアアバットメント:10年から11年の追跡調査。 Clin OralImplantsRes。 2017年10月;28(10):1303-1308
FlüggeT、Att W、Metzger MC、Nelson K.、口腔内スキャナーを使用した歯科インプラントのデジタル化の精度。 IntJProsthodont。 2016; 29:277-83
Joda T、Ferrari M、BräggerU. Clin Implant DentRelatRes。 2017; 19:505-511。完全なデジタルワークフローにおけるモノリシックインプラント支持リチウムジシリケート(LS2)クラウン:2年間のフォローアップを伴う前向き臨床試験。
Joda T、Bragger U、Zitzmann NU Clin Implant DentRelatRes。 2019; 21:169-174。デジタルワークフローにおけるCAD/CAMインプラントクラウン:前向き臨床試験の5年間のフォローアップ。
ルイスMB、クラインバーグI.単歯インプラントの結果を最適化するために設計された補綴の考慮事項。文献のレビュー。オーストラリア歯科ジャーナル2011; 56;181-192。
ニルソンA; Johansson L、Lindh C 、;エクフェルトA、。細くて規則的な直径のインプラントの単歯修復用のワンピース内部ジルコニアアバットメント:5年間の前向き追跡調査。 Clin Implant DentRelatRes。 2017年10月;19(5):916-925
Naenni N、Sahrmann P、Schmidlin PR、Attin T、Wiedemeier DB、Sapata V、HämmerleCHF、Jung RE短い単歯インプラント(6mm)の5年生存率:ランダム化比較臨床試験。 JDentRes。 2018年7月;97(8):887-892
2011年成人歯科医療の国家ガイドライン-ガバナンスと管理のサポート。 2011年社会庁
Vandeweghe S、Vervack V、Dierens M、De Bruyn H.複数の歯科インプラントのデジタル印象の精度:invitro研究。 Clin OralImplantsRes。 2017; 28:648-653。
歯の喪失。系統的文献レビュー。 SBU 2010
Zembic A、Kim S、Zwahlen M、Kelly JR固定式補綴物をサポートするシングルインプラントアバットメントの生物学的、技術的、審美的合併症の生存率と発生率の系統的レビュー。 IntJオーラルマキシロファクインプラント。 2014; 29 Suppl:99-116。
Zuiderveld EG、Meijer HJA、Vissink A、RaghoebarGM。審美性に対する単一インプラント配置でのさまざまな軟組織移植手順の影響:ランダム化比較試験。 JPeriodontol。 2018; 89:903–914。

ブログ一覧ページへ戻る

医療法人財団興学会
新橋歯科医科診療所

新橋歯科医科診療所ビル

新橋歯科医科診療所ビル2

住所:〒105-0004
東京都港区新橋4-9-1 新橋プラザビル2階

アクセス:JR新橋駅から徒歩3分

電話番号:03-3437-3880

駐車場:近隣のコインパーキングをご利用ください

ご利用可能カード

  • VISA
  • mastercard
  • JCB
  • Nicos
  • UFJcard
  • AMERICAN EXPRESS
  • Diners Club INTERNATIONAL
午前 9:30 ~
午後 1:00
×
午後 2:00 ~
午後 6:30
×

○歯科診療/ダイエット外来/ボトックス外来/点滴外来

スタッフ募集中 採用に関する情報はこちら

提携・加盟団体

当院では、歯科医療に関わる様々な企業・組織団体に提携・加盟し、
得られた知識・技術を治療に活かしています

  • 一般財団法人 日本スウェーデン歯科学会

  • 特定非営利活動法人 日本歯周病学会

  • 公益社団法人 日本口腔インプラント学会

  • TOKYO DENTAL COLLEGE 東京歯科大学

  • GOTEBORGS UNIVERSITET

  • 東京大学大学院 医学系研究科・医学部

  • 公益社団法人 日本口腔外科学会

  • Medical Note

審美歯科

ダイエット外来

無料ご相談窓口Web予約

ウェブ予約はこちら

トップへ戻る

お急ぎの方、直接相談
したい方はお気軽に
お電話ください

000-000-0000

受付時間:10:00~17:00

資料請求をご希望の方はこちら

お問い合わせフォームはこちら

閉じる