コミュニケーションにも重要!お口のエチケット「口臭」 | 新橋歯科医科診療所

興学会とスウェーデン歯科の取り組み情報サイト

コミュニケーションにも重要!お口のエチケット「口臭」

口臭

自分でも気づかないうちに起こっているかも…「口臭」の原因と改善

歯周病などによる口腔内の原因が多いお口のトラブル「口臭」。
口臭とは「口あるいは鼻を通して出てくる気体のうち、社会的容認限度を超える悪臭」と定義されます。医学用語では、英語で「ハリトーシス」という診断名が付けられています。
このハリトーシスは、調査に回答した44%もの人が、社会的コミュニケーションや生活に影響を与えていると考えている健康上の大きな問題です。
ハリトーシスは、架空のハリトーシス(偽ハリトーシス、ハリトフォビア)または本物のハリトーシスに分けられます。
偽ハリトーシスとは、個人が息苦しさを経験しているが、これを客観的に測定したり、研究者が主観的に経験したりすることができないことを意味します。
本物のハリトーシスは、生理学的ハリトーシスと病理学的ハリトーシスに分けられます。
「朝の息」が臭うのは、睡眠中の唾液分泌が少なく、口腔運動能力が低いことが原因であることが多く、細菌の増殖と食品残留物の分解/崩壊によるものです。

口臭は、若年者と高齢者の両方で比較的一般的であり、15〜55%の範囲で報告されていますが、年齢が上がるにつれて増加していくようです。
多くの人は、口臭を第三者に指摘するのは難しいと感じているため、本人は口臭にに気付きづらいことが多いことから、歯科専門家は、口腔内ハリトーシスの原因とその治療方法についての知識を持っていることが重要です。
歯科スタッフとして、私たちは患者の口腔衛生基準について毎日コメントしていますが、患者の呼吸についてはそれほど頻繁ではありません。苦しんでいる人にとって、それは主要な社会的および心理的障害に発展する可能性があります。

口臭の原因とは?

以前に指摘したように、口腔由来の口臭(口腔内ハリトーシス)の主な原因です。「口腔内ハリトーシス」は、嫌気性細菌(生育に酸素を必要としない細菌)による食品のくず、唾液、プラーク、上皮細胞からのタンパク質の分解によるものです。
分解により、硫化水素(H2S)、メチルメルカプタン(CH3SH)、ジメチルサルファイド(CH3)2Sなどの揮発性硫黄含有ガス(VSC)が生成されます。硫化水素は腐った卵のようなにおいがし、メチルメルカプタンは腐ったキャベツの刺激的な香りがあり、硫化ジメチルは不快な甘いにおいがします。
厚いコーティング、不十分な口腔衛生、歯肉炎、粘膜炎、歯周炎、インプラント周囲炎は、ハリトーシスの発症に重要であり、口腔内ハリトーシスの80〜90%を占めています。

一方で、鼻から吐き出された息がにおう場合は、「口腔外ハリトーシス」と呼ばれます。これは、呼吸管の疾患(例:気管または肺の慢性疾患、肝疾患または糖尿病)によって引き起こされる可能性があります。歯科専門家にとって、この「口腔内ハリトーシス」と「口腔外ハリトーシス」を区別することは重要です。
歯科スタッフとして、口腔内ハリトーシスの患者を支援することはできますが、口腔外ハリトーシスの患者は、さらなる調査のために耳鼻咽喉科の専門医に紹介する必要があります。

また、一部の方では、口臭がないにも関わらず、口臭への妄想的な恐怖を表す「ハリトフォビア」を感じています。私たちは歯科医として、さまざまな方法で、口臭を証明しようとすることができますが、それ以外の場合は、心理学者に助けを求めることができます。

診断

よく使われる方法は官能法(患者の呼気の匂いを確認する方法)です。これは主観的な方法ですが、いわゆる「ゴールドスタンダード」と考えられています。これは、患者が約1分間口を閉じてから、口腔内の空気をゆっくりと吹き出すようにする方法です(患者は、口腔内に収まる空気よりも多くの空気を吹き出してはなりません)。吹き出された空気の匂いを嗅ぐ人(審査官)と、吹き出す人との間の距離は約10cmでなければなりません。
次に、研究者は悪臭の程度を6段階で評価します。 0)=まったく臭いがない、1)=かすかな臭うが悪臭ではない、2)=悪臭に分類されるかすかな臭い、3)=間違いなく悪臭、4)=強いが許容できる臭い、5)=非常に強い臭い
少し練習するだけで、誰もがこのような評価をできるようになります。また、臭いが口腔から来ているのか気道から来ているのかを判断するには、口腔からの空気と肺からの空気の両方の匂いを嗅ぐ必要があります。患者が鼻から吐き出す空気がにおう場合、それは口腔外ハリトーシスとして分類されます。

VSCのより正確な登録は、ポータブルOralChromaガスクロマトグラフで行うことができます。これにより、3つの異なる揮発性硫黄化合物(硫化水素、メルカプタンメチル、硫化ジメチル)の正確な値を得ることができます。ただし、この方法は、一般的な診療所で使用するよりも研究目的に適しています。

舌のコーティングは息切れの原因であるため、患者の舌を見ると、患者の息切れが予想されるかどうかについてのガイダンスを得ることができます。単純なインデックス(Winkel Tongue Coating Index、WTCI)を使用できます。次に、舌を6つのフィールドに分割し、さまざまなフィールドのコーティングの程度を0から2のスケールで判断します(0 =コーティングなし、1 =薄い白っぽいコーティング、2より厚い黄色/茶色のコーティング)。

治療

口腔ハリトーシスの治療は、通常非常にうまく機能します。治療は常に、歯肉炎、歯周炎、粘膜炎、またはインプラント周囲炎などの口腔感染症を治療することから開始する必要があります。いくつかの研究は、これが悪呼吸の程度を減らすことを示しましたが、患者はしばしばある種の補助療法を必要とするかもしれません。患者の舌にたくさんのコーティングがある場合は、舌の上側が微生物が容易に定着して増殖できる環境を提供するため、舌スクレーパーの使用もお勧めします。

患者が舌スクレーパーを使用したり、舌を磨いたりすると、舌のコーティングが減少します。これは良いことですが、慢性ハリトーシスに対する舌の洗浄の効果の文書化は不十分です。舌乳頭の角質化が増加する可能性があるため、患者は舌スクレーパーを使いすぎないでください。

口腔の健康状態が改善したにもかかわらず、患者が口腔内ハリトーシスに問題を抱えている場合は、補助治療として亜鉛をベースにしたマウスウォッシュをお勧めします。
亜鉛イオンはVSCに結合するため、口腔内ハリトーシスの程度を軽減する能力があります。さまざまな亜鉛化合物に加えて、市場に出回っている特定の製品には、1つまたは複数の抗菌剤も含まれています。クロルヘキシジンまたはセチルピリジンクロリド。
亜鉛化合物と抗菌剤の組み合わせを含む製品は、口腔内ハリトーシスを軽減することが研究で示されていますが、それらの長期的影響に関する科学的証拠は現在限られていると考えられています。しかし、6か月の研究では、マウスウォッシュを含む亜鉛/クロルヘキシジンでリンスした患者は、プラセボ溶液を使用した患者と比較して、口腔内ハリトーシスのコントロールが有意に優れていました。

私たち歯科医は、数週間の短期試験だけでなく、口腔内ハリトーシスの長期治療においても、自社製品が有効であることが証明されていることをメーカーに要求する必要があります。これは、歯周炎の治療や舌の擦り傷の使用にもかかわらず、まだ口腔内ハリトーシスを患っている人は、息苦しさのためにマウスウォッシュによる長期治療が必要になる可能性が高いためです。

参考文献

Bollen、CM&Beikler、T。(2012)ハリトーシス:学際的アプローチ。 International Journal of Oral Science 4、55–63。
Bornstein、MM、Kislig、K.、Hoti、BB、Seemann、R。&Lussi、A。(2009)スイス、ベルン市の人口におけるハリトーシスの有病率:自己申告データと臨床データを比較した研究。 European Journal of Oral Sciences 117、261-267。
De Geest、S.、Laleman、I.、Teughels W.、Dekeyser C.、Quirynen M.(2016)ハリトーシスの原因としての歯周病:歯科医と歯科衛生士のための証拠と治療アプローチのレビュー歯周2000、71、213から227まで。
Erovic-Ademovski、S.、Mårtensson、C。、Persson、GR、Renvert、S。(2017)口腔内ハリトーシスに対するマウスリンスを含む酢酸亜鉛および二酢酸クロルヘキシジンの長期効果-無作為化臨床試験。臨床歯周44、1010年から1019年のジャーナル
Humagain、M.、Dixit、S.、Bhandari、B.、Khana、l S.、Singh、PK(2018)カトマンズ大学医学部の学部生におけるハリトーシスの自己認識-質問に基づく研究。カトマンズ大学医学ジャーナル61 :89-93。
Laleman、I.、Dadamio、J.、De Geest、S.、Dekeyser、C。&Quirynen、M。(2014)一般的な歯科医のためのハリトーシスの機器評価。 Journal of Breath Research 8、017103。
Lu、HX、Tang、C.、Wong、MC&Ye、W。(2014)ハリトーシスを訴える患者の特徴とハリトーシスに関連する要因。口腔疾患20、787-795。
Quirynen、M.、Dadamio、J.、Van den Velde、S.、De Smit、M.、Dekeyser、C.、Van Tornout、M。&Vandekerckhove、B。(2009)ハリトーシスクリニックを訪れた2000人の患者の特徴。 Journal of Clinical Periodontology 36、970-975。
Rosenberg M.(1996)悪呼吸の臨床評価:現在の概念。 Journal of American Dental Association 127、475-482。
Scully、C。&Greenman、J。(2012)Halitology(breath odor):Aetiopathogenesis and management)。口腔疾患; 18、333から345まで。
Slot、DE、De Geest、S.、van der Weijden、FA&Quirynen、M。経口治療
悪臭。機械的および/または化学的薬剤の中期的有効性:
-体系的なレビュー-。 Journal of Clinical Periodontology 2015; 42(Suppl。16):303–316。
van den Broek AM、Feenstra L.&de Baat C.(2008)ハリトーシスの管理に関する現在の文献のレビュー。口腔疾患14、30–39。
van Tornout、M.、Dadamio、J.、Coucke、W。&Quirynen、M。(2013)舌のコーティング:関連する要因。 Journal of Clinical Periodontology 40,180–185。
Villa、A.、Zollanvari、A.、Alterovitz、G.、Cagetti、MG、Strohmenger、L。&Abati、S。(2014)口腔衛生、性別、年齢を考慮した小児におけるハリトーシスの有病率。 International Journal of Dental Hygiene 12、208-212。

ブログ一覧ページへ戻る

医療法人財団興学会
新橋歯科医科診療所

新橋歯科医科診療所ビル

新橋歯科医科診療所ビル2

住所:〒105-0004
東京都港区新橋4-9-1 新橋プラザビル2階

アクセス:JR新橋駅から徒歩3分

電話番号:03-3437-3880

駐車場:近隣のコインパーキングをご利用ください

ご利用可能カード

  • VISA
  • mastercard
  • JCB
  • Nicos
  • UFJcard
  • AMERICAN EXPRESS
  • Diners Club INTERNATIONAL
午前 9:30 ~
午後 1:00
×
午後 2:00 ~
午後 6:30
×

○歯科診療/ダイエット外来/ボトックス外来/点滴外来

スタッフ募集中 採用に関する情報はこちら

提携・加盟団体

当院では、歯科医療に関わる様々な企業・組織団体に提携・加盟し、
得られた知識・技術を治療に活かしています

  • 一般財団法人 日本スウェーデン歯科学会

  • 特定非営利活動法人 日本歯周病学会

  • 公益社団法人 日本口腔インプラント学会

  • TOKYO DENTAL COLLEGE 東京歯科大学

  • GOTEBORGS UNIVERSITET

  • 東京大学大学院 医学系研究科・医学部

  • 公益社団法人 日本口腔外科学会

  • Medical Note

審美歯科

ダイエット外来

無料ご相談窓口Web予約

ウェブ予約はこちら

トップへ戻る

お急ぎの方、直接相談
したい方はお気軽に
お電話ください

000-000-0000

受付時間:10:00~17:00

資料請求をご希望の方はこちら

お問い合わせフォームはこちら

閉じる