子供から大人まで発生する可能性の多い「前歯の隙間」の「歯列矯正」における治療 | 新橋歯科医科診療所

興学会とスウェーデン歯科の取り組み情報サイト

子供から大人まで発生する可能性の多い「前歯の隙間」の「歯列矯正」における治療

前歯の隙間をなくす

子供の成長段階からひとつの原因として発生する「前歯の隙間」。改善のための治療方法とは

子供にも大人にも発生する可能性のある歯の隙間ですが、生まれつきや歯の損傷にかかわらず、前歯で見られる隙間に関しては特に気になってしまうものです。
現状による審美的な印象や、心理面も大きく変わってくるものです。定期的な検診の際に原因や治療方法を相談し、歯列矯正などを検討する機会を設けることでより健康で前向きな気持ちを持てるようになるかもしれません。

子供や若者の歯の隙間の改善

若い人の前歯のない原因は、ほとんどの場合、側切歯の無形成または外傷による歯の損傷によるものです。

側切歯の無形成の状態は、上顎で最も多い症状です。また、外傷による歯の喪失でも一般的に上顎で起こります。

社会庁による歯科治療ガイドライン

ファクトシートもご参照ください: 前歯の単一の歯の隙間、部位別準備

測定

歯の形成不全

上顎の側切歯から形成不全が存在することが確認された場合、7~8歳のうちに既存の歯で隙間の改善を計画するか、隙間を維持して欠落している歯を補綴物と交換するかを決定する必要があります。 この決定は、咬合全体を考慮して行い、次のことを検討する必要があります。

歯列矯正による前歯の隙間の改善

  • 残りの咬合で、歯または顎の関係にまばらな位置、混雑した位置、またはその他の変形がある場合
  • どのような臼歯の状態が存在するか
  • 上顎犬歯の萌出方向と萌出位置

歯列矯正を行う場合は、上顎側切歯と第一大臼歯を通常の角質除去の前に抜歯するなどして、上顎犬歯を可能な限り近心に萌出させることが適切な場合があります。

トラウマ

上顎前歯部の外傷による歯の喪失に関連して、咬合全体の位置と患者の年齢もここで考慮に入れる必要があります。

場合によっては、外傷で損傷した歯をできるだけ長く保つことが適切な場合があります。その他の場合の最良の代替策は、それを直接取り外して歯列矯正的に隙間をなくすことです。たとえば、これが失われた場合は、側方歯部を近心化し、側切歯が中切歯の代わりに配置されます。これには、ほとんどの場合、両方の顎に固定された機器を使用した矯正治療が必要です。中央切歯が失われた場合は、小臼歯をこの領域に移植することが適切な場合があります。下顎小臼歯、できれば第一小臼歯が、歯根の半分から4分の3が発達した発達段階を持っている場合に最適です。調査によると、これは非常に長期的な治療が予測されます。

歯列矯正用の開閉式のシャッターとインプラント支持のクラウンのシャッターの両方が存在する場合は、歯列矯正用の開閉式のシャッターが最適です。これはより早く行うことができ、自然な歯は咬合と顎の自然な変動を可能にします。

社会庁による歯科治療ガイドライン

下顎の歯の欠如

下顎前部に歯がない、または失った場合、これらの歯の隙間は狭く、固定された歯科矯正装置で隙間をなくすのが簡単であるため、より単純な治療になることがよくあります。しかし、この治療の難しさは、まばらな状態や深い咬合の場合です。このような場合、より包括的な矯正治療が必要です。

社会庁による歯科治療ガイドライン

大人の歯の隙間を埋める

成人で前歯に隙間が発生する場合、それは通常、外傷、歯周炎、または形成不全が原因です。

成人の治療に関する社会庁の国内ガイドラインは、この状態が口腔内の健康に大きな影響を与えると述べています。治療の主な理由は心理社会的な不満によるものです。この状態には、軽度の痛みまたは不快感、軽度の病気または組織の損傷や将来の痛みまたは不快感のわずかなリスク、中程度の食事、噛む、話す能力の障害、および心理的および社会的影響の大きな将来のリスクが含まれます。この措置は、その状態が口腔の健康に大きな影響を与えるという理由で優先度3が与えられています。

隙間の改善には良い効果があり、口腔の健康にプラスの影響を与える機会にもなります。対策の費用対効果を評価することはできませんでした。科学的根拠が不十分であるため、効果は合意された手順によって評価されています。

ソーシャルボードの全国ガイドラインの概要

  • 成人で前歯がない場合、隙間の改善は高い成功率(コンセンサス)の歯科矯正器具による治療によって行われます。
  • 成人で前歯がない場合、隙間の改善は患者が経験する高度な審美性(コンセンサス)である歯科矯正装置による治療によって行われます。
  • 成人で前歯がない場合、隙間は歯列矯正による改善が行われます。これは、咬合や顎の他の歯の生理学的変化に適応します(コンセンサス)。
  • 矯正装置の種類である固定式装置の決定は、全体的な顎と咬合の関係に関して、成人でも行われなければなりません。禁忌は、クラスIII傾向のある患者の上顎前歯の前歯の隙間などに見られます。
  • 成人の大部分は、下顎の前方部に多かれ少なかれ痙攣があります。歯の隙間が発生した場合、矯正装置により叢生(でこぼこ) を解消することでこれを解決できることがよくあります。

参考文献

SBU。健康の観点からの咬傷異常と歯列矯正。 2005;176。
Bjerklin K、Midea AlN.KårestedtH、Andre’n A(2008)一次臼歯が保持された下顎第二小臼歯の形成不全。 12歳から成人期までの99人の被験者の縦方向のX線写真研究。 Eur J Orthod 30、254-261。
Czochrowska EM、Skaare AB、Stenvik A、Zachrisson BU(2003)上顎中切歯の欠損による歯列矯正スペース閉鎖の結果。 J Orthod Dentofacial Orthop 123; 597-603。
Josefsson E. and Lindsten R.(2019)上顎側切歯の欠損の治療:a 臨床的および審美的評価。 Eur J Orthod 24; 41(3):273-278。
Kvint S、Lindsten R、Magnusson A、Nilsson P、Bjerklin K(2010)215人の患者の歯の自家移植。追跡調査。アングルオーソド80;446-451。
Lundberg T、Isaksson S(1996)278本の自動移植歯の臨床追跡調査。 Br J Oral Maxillofac Surg34;181-185。
MikkeläStangeK.、Lindsten R.、Bjerklin K.(2016)上顎中切歯領域への小臼歯の自家移植:12〜22年の長期追跡調査。 Eur J Orthod 38:508-515。
Robertsson S、Mohlin B(2000)先天的に欠損した上顎側切歯。歯列矯正空間閉鎖と修復治療の後ろ向き研究。 Eur J Orthod22;697-710。
Thilander B(2008)歯が欠けている被験者における歯科矯正スペースの閉鎖とインプラント埋入の比較。 Jオーラルリハビリ35Suppl1; 64-71。
Thilander B、Myrberg N(1973)スウェーデンの学童における不正咬合の有病率。 Scand J Dent Res81;12-20。
Zachrisson B、Rosa M、Toreskog S(2011)先天的に上顎側切歯が欠落している:犬歯の代用。 Am J Orthod Dentofacial Orthop139;434-444。

ブログ一覧ページへ戻る

医療法人財団興学会
新橋歯科医科診療所

新橋歯科医科診療所ビル

新橋歯科医科診療所ビル2

住所:〒105-0004
東京都港区新橋4-9-1 新橋プラザビル2階

アクセス:JR新橋駅から徒歩3分

電話番号:03-3437-3880

駐車場:近隣のコインパーキングをご利用ください

ご利用可能カード

  • VISA
  • mastercard
  • JCB
  • Nicos
  • UFJcard
  • AMERICAN EXPRESS
  • Diners Club INTERNATIONAL
午前 9:30 ~
午後 1:00
×
午後 2:00 ~
午後 6:30
×

○歯科診療/ダイエット外来/ボトックス外来/点滴外来

スタッフ募集中 採用に関する情報はこちら

提携・加盟団体

当院では、歯科医療に関わる様々な企業・組織団体に提携・加盟し、
得られた知識・技術を治療に活かしています

  • 一般財団法人 日本スウェーデン歯科学会

  • 特定非営利活動法人 日本歯周病学会

  • 公益社団法人 日本口腔インプラント学会

  • TOKYO DENTAL COLLEGE 東京歯科大学

  • GOTEBORGS UNIVERSITET

  • 東京大学大学院 医学系研究科・医学部

  • 公益社団法人 日本口腔外科学会

  • Medical Note

審美歯科

ダイエット外来

無料ご相談窓口Web予約

ウェブ予約はこちら

トップへ戻る

お急ぎの方、直接相談
したい方はお気軽に
お電話ください

000-000-0000

受付時間:10:00~17:00

資料請求をご希望の方はこちら

お問い合わせフォームはこちら

閉じる