放置すると手術による入院の可能性も。口腔および顎顔面領域の「嚢胞」とは | 新橋歯科医科診療所

興学会とスウェーデン歯科の取り組み情報サイト

放置すると手術による入院の可能性も。口腔および顎顔面領域の「嚢胞」とは

口および顎領域の嚢胞

痛みなど症状がないから大丈夫?レントゲンの際に見つかることも多い「嚢胞」が見つかったら

嚢胞というと、歯根嚢胞という言葉をよく耳にしますが、嚢胞とは体の中に作られた袋状の病変で、顎の骨の中にもできるのです。
また、発生箇所により種類も複数あり、「腫瘍」に分類されるものもある、少々怖い存在です。

この嚢胞についてのファクトシートは、すべての嚢胞における完全なレビューではありませんが、口腔および顎顔面領域で最も一般的な嚢胞のいくつかの概要であり、歯に関係のある「歯原性嚢胞」と歯に関係のない「非歯原性嚢胞」に分けられます。 最終的に実際の嚢胞ではない病変も、「偽嚢胞」のもとで治療されます。

病原体

嚢胞は、上皮に囲まれた空洞として病理組織学的には定義されます。

これは、上皮細胞の塊に増殖する上皮の残骸を刺激することによって発達します。
塊の直径が大きくなると、塊の中心にある上皮細胞は、最も近い血管からますます離れてしまい、最終的には拡散され生き残ることができなくなります。これにより上皮細胞が死滅し、内腔(空間)が形成されます。
死んだ上皮細胞の細胞内生成物は、内腔を高張にし、体液が嚢胞に運ばれるようになります。これにより静水圧作用が上昇し、古い骨が壊される骨吸収、嚢胞の拡張、時には知覚異常や痛みを引き起こします。
嚢胞のサイズが大きくなると、周囲の結合組織が圧縮され、結合組織によるカプセル化が起こります。そして上皮が成熟し、基底膜を形成します。

治療の原則

大きな嚢胞は、術前にCBCTまたはDTで検査する必要があります。

大きな嚢胞の治療前に、診断を確実にするための吸引を考慮する場合があります。
黄味がかった吸引物では、嚢胞の除核を目的として細かく診察されます。
吸引しても収量が得られない場合は、固形病変が疑われ、生検が行われます。
吸引液のみの血液の場合、病変はレーザードップラー血流計による計測または血管造影法でさらに検査します。

除核

これは、髄腔内のすべての軟組織と硬組織の除去を意味します。定義上、それは実際にはカプセル型の嚢胞が破裂することなく嚢胞の病変全体をスケールアウトすることを意味します。この治療法は、大多数の嚢胞の最初の選択肢です。
「歯根嚢胞」の場合は、原因となる歯も治療する必要があります。

キュレットによる除核

これは、除核に加えて、数ミリメートルの厚さに対応する周囲の骨もキュレットまたはドリルで除去されることを意味します。

造袋術および減圧術

造袋術では、PADにより嚢胞壁の一部が除去されます。その後、嚢胞は口腔に向かって開いたままの状態になります。また、残存嚢胞は残ります。その結果、嚢胞内の圧力が低下し、嚢胞と骨腔のサイズが減少することを意味します。
造袋術は、鼻腔または口腔の空洞への伝達や神経損傷、顎骨折のリスクが高い場合、または外科的処置を最小限に抑えることに大きなメリットがある重症患者の場合に検討できます。
原則として、造袋術は、除核を伴う最終的な治療への最初の一時的な治療と見なされるべきです。

再建を伴う切除

効果的な除去を困難にする広範囲の嚢胞の場合、および再発の場合、骨の再建を伴う切除が必要となる場合があります。
この方法の説明については、良性腫瘍に関するファクトシートを参照してください。

ODONTOGENIC CYST(歯原性嚢胞)

口および顎領域の嚢胞
歯原性嚢胞とその起源の表
 

歯根嚢胞

「歯根嚢胞」は、非生体の歯根嚢胞に隣接する炎症性嚢胞です。これは顎骨内で最も一般的な嚢胞であり、すべての嚢胞の50~75%を占めます。
嚢胞は、非生体の歯から始まる「歯根肉芽腫」から発生します。歯根肉芽腫は、歯根膜のマラッセの上皮遺残を刺激する歯髄壊死からの炎症性物質によって開始および維持されます。嚢胞の変化は、上皮が増殖して嚢胞のカプセルを形成するときに起こります。嚢胞内の細胞組織が分解すると、タンパク質濃度が上昇し、浸透圧が上昇します。これにより、嚢胞内の水分量が増加します。破骨細胞の吸収が増加し、嚢胞のサイズが大きくなります。

歯根嚢胞は常に壊死した歯に隣接して存在し、通常は無症候性です。年齢を問わず発生する可能性がありますが、子供による拡大は珍しく、めったに見られません。

X線では、明確に定義された放射線の透過力が頂端に見られます。ほとんどの歯根嚢胞は小さいですが(0.5~1.5 cm)、症状がなく長時間放置すると大きくなることもあります。一部の歯根嚢胞は、影響を受けた歯および隣接する歯に歯根吸収(歯茎が下がり歯根が露出してしまう歯肉退縮や、歯根が吸収され短くなってしまう)を引き起こす可能性もあります。

口および顎領域の嚢胞
歯根嚢胞が交感神経と下顎骨の左側に伸びている
 

鑑別診断

歯原性嚢胞は、臨床的にも放射線学的にも歯根嚢胞との区別がつきません。さらに、歯根嚢胞の放射線の透過力は、外科的治療の欠陥または瘢痕組織(正常組織が損傷によって損傷したときに形成される線維組織)である場合があります。
下顎の前部では、溶骨初期の「根尖性セメント質異形成症」を考慮する必要があります。下顎の後部では、舌側の顎下腺(唾液腺)の陥凹(かんおつ:へこんだ状態やくぼんだ状態を示す医学用語)または特発性骨空洞の可能性を考慮する必要があります。
歯原性腫瘍、巨細胞の病変、転移または原発性骨性腫瘍は、放射線学的に歯根嚢胞に似ている場合があります。ただし、これらの場合の歯は非常に重要である可能性があることに注意してください。

治療

歯根嚢胞は除核での治療になります。組織はPADに送られます。原因となる歯を抜歯するか、根管を治療する必要があります。原因となる歯を保持する場合は、除核前に適切に根管治療を行い、歯根端切除術も行います。

歯根嚢胞の内容物は、ほとんどの場合、柔らかい茶色の物質で構成されており、多くの場合、光沢のある黄色の斑点と混ざっています。黄色の不透明な結節(しこり)は、嚢胞腔内または嚢胞にも見られます。歯根嚢胞は、角質化していない層状の扁平上皮を持っています。

関連する嚢胞を伴う罹患した歯が除去されれば予後は良好ですが、嚢胞上皮が適切に除去されていないと、「残存嚢胞」が発生する可能性があります。

残存嚢胞

残存嚢胞は、抜歯時に見落とされる顎の歯根嚢胞です。したがって、嚢胞は持続し、時にはサイズが大きくなる可能性があります。
X線は、通常1~3 cmの明確な放射線の透過力を示しますが、より大きな直径の嚢胞も発生する可能性があります。

抜歯後に歯根嚢胞が残ることはまれです。嚢胞が大きいほど、嚢胞が残り成長するリスクが高くなります。これらの症例のX線検査を行うことが重要です。

鑑別診断

鑑別診断は歯根嚢胞の場合と同じです。
嚢胞は隣接する歯からの歯根嚢胞である可能性があることにも注意する必要があります。そのため、隣接する歯の感度テストが非常に重要です。

治療

残りの嚢胞は除核で治療されます。

FOLLICULAR CYST(濾胞性歯嚢胞)

濾胞性歯嚢胞は2番目に一般的な歯原性嚢胞であり、未萌出の歯または発達中の歯の濾胞から発生します。これらの嚢胞は、下顎および上顎の後部で最も多く、その後、主に親知らずの保持または部分的に噴出することに関連しています。 2番目に多い場所は、犬歯に隣接しています。すべての年齢で発生しますが、若い年(30歳未満)と男性で最も多いです。保持歯のエナメル質とセメント質限界に付着します。

濾胞性歯嚢胞は、エナメル器(歯の発生段階において認められる細胞集合)からの残留物の増殖によって発生します。濾胞性歯嚢胞の成長は、上皮増殖、骨吸収が原因の放出、および体液浸透圧の増加に関連しており、嚢胞内の細胞の炎症および落屑により、嚢胞の成長をもたらします。

臨床所見

濾胞性歯嚢胞は通常無症候性であるため、通常はX線の副作用として、検出される前に非常に大きくなる可能性があります。時々、皮質の拡張も見られます。
濾胞性歯嚢胞は二次感染していない限り、またはそのサイズが病的骨折を引き起こしている限り、痛みはありません。一部の嚢胞では、片方または両方の皮質の吸収が起こることがあります。

放射線所見

X線では、嚢胞は萌出していない歯の歯冠に隣接する明確な単室の放射線の透過力として現れ、歯がずれている可能性があります。嚢胞はまた、通常は下顎管を変位させる可能性があります。また、萌出した歯の根を動かしたり、近くの歯の根を吸収したりすることもできます。

口および顎領域の嚢胞
下顎の親知らずにある濾胞性歯嚢胞
 

鑑別診断

未萌出の歯冠の周りの単房性の放射線の透過力は、通常、濾胞性歯嚢胞です。鑑別診断は、歯原性角化嚢胞またはエナメル上皮腫です(良性腫瘍に関するファクトシートを参照)。
上顎の前部、特に若い人に病変が見られる場合は、「腺腫様歯原性腫瘍」も考慮する必要があります(良性腫瘍のファクトシートを参照)。

治療

治療は、嚢胞の除核と関与する歯の同時抜歯で構成されます。
造袋術は、保持された歯を自然に萌出させたい場合、または矯正により抜歯したい場合に実行できます。

濾胞性歯嚢胞の除核は通常治癒し、再発は非常にまれです。

側方性歯周囊胞

重要な歯の根の周り側面に発生する角質化していない嚢胞として定義され、起源はマラッセまたはセレの上皮の残骸です。

臨床所見

成人の側方性歯周囊胞の大部分は、上顎および下顎の小臼歯および犬歯領域に発生します。それらは成人男性に最も多く発症します。
通常、患者には症状がありません。

放射線所見

嚢胞はX線の副産物であることが多く、重要で可動性のない歯の根の間で明確に定義された、通常は単室の丸い涙滴型の放射線の透過力があり、歯の根は分岐する可能性があります。

口および顎領域の嚢胞
下顎小臼歯の領域での側方性歯周囊胞
 

鑑別診断

診断上、嚢胞は側方性歯周囊胞の変形であり、再発する傾向がわずかに大きいブドウ状歯原性囊胞(Botryoid odontogenic cyst)など、根の間に生じる他の病変と区別する必要があります。
他の可能性のある病変は、歯原性角化囊胞、初期エナメル上皮腫、歯原性粘液腫、または特発性骨空洞です。

治療

側方性歯周囊胞は除核で治療されます。

嚢胞切除後の予後は良好です。

ODONTOGEN KERATOCYST(歯原性角化囊胞)

2005年から2017年の期間中、病変は角化嚢胞性歯原性腫瘍(KOT)と呼ばれていました。

この嚢胞はどの年齢でも発生する可能性がありますが、10代および若年成人に最も多く発症します。すべての歯原性嚢胞の中で、それは最も高い再発率と攻撃的な成長パターンを持っています。そしてさまざまな形や外観を持つことができます。小さな単一(単房性)のものから大きな単一(単房性)まで、さらに大きくて多房性まですべて皮質骨を吸収しますが、海綿骨よりも遅い速度です。それは上顎と比較して下顎で2倍一般的であり、次にモル領域でffaです。

鑑別診断

単房性の角化嚢胞性歯原性腫瘍は、例えば、側方性歯周囊胞と残存嚢胞に似ています。多房性の角化嚢胞性歯原性腫瘍は、エナメル上皮腫、歯原性粘液腫、および中枢性の巨大細胞腫とは区別する必要があります。

治療

一般的な治療法は除核と治療です。場合によっては、切除を行う必要があります。

歯原性囊胞ではない

鼻口蓋管嚢胞

鼻口蓋管嚢胞は、鼻口蓋管または乳頭切歯の下の軟部組織にあります。
臨床的には、口蓋の前部に対称的な腫れとして現れます。ほとんどの場合、無症候性です。
症例の大部分は40~60歳の間に発生し、3:1の比率で男性と女性に影響を及ぼします。

放射線学的兆候

X線では、前歯の歯根を分岐させ、時には歯根吸収の可能性がある、明確に定義された放射線の透過力として現れます。前鼻棘はしばしば病変の上に突き出ており、心臓のような形をしています。

口および顎領域の嚢胞
鼻口蓋管嚢胞
 

PSEUDOCYST(偽嚢胞)

特発性骨空洞

特発性骨空洞は、以前は単純性骨嚢胞や外傷性骨嚢胞と呼ばれていました。嚢胞上皮が欠落しており、起源が外傷に関連している可能性がないため、以前の名前は正しくありませんでした。さらに、特発性骨空洞は、その名前が示すように空の骨腔で、原因は不明です。

ほとんどの特発性骨空洞は下顎骨に発生し、上顎骨にはごくわずかしか認められていません。ほとんどは若い患者の副作用としてX線で検出されます。最も一般的な場所は下顎骨です。皮質骨は通常拡張し、その後薄くなる可能性がありますが、穴はありません。

病因は完全に不明ですが、特発性の骨の空洞は、骨梁のリモデリング(再構築)の障害が原因で発生すると推測されています。

放射線学的兆候

X線は、根の間に花輪の形を投影することが多い、明確に定義された無線ライセンスを示しています。隣接する歯根と下顎管は変位しません。

口および顎領域の嚢胞
特発性骨空洞
 

診断を確実にする1つの方法は、虫歯から吸引することです。代替物が見つからない場合、それはおそらく特発性骨空洞です。吸引後に自然治癒する場合もありますが、探針を推奨します。次に、骨窓を開き、嚢胞の壁を検査し、軟組織の内層が除外されます。探針は髄腔内の骨の成長やリモデリングを促し、約95%の症例で治癒します。

参考文献

エリス、E。、現代および顎顔面外科。口腔病理学の外科的管理病変。第5版編、編LJピーターソン他2008年。
Regezi、JA、JJ Sciubba、およびCKJ Jordan、口腔病理学-臨床病理学相関関係。第5版2008年:エルゼビア株式会社
フィリップセン、HP、世界保健機関による腫瘍の分類。病理学および頭頸部腫瘍の遺伝学。、ed。 L.バーンズ他2005年:IARC、リヨン。
ロバートE.マルクス、ダイアンスターン。口腔および顎顔面の病理。診断と治療の理論的根拠。 2003年クインテセンス出版株式会社
マクドナルド-ヤンコウスキーDS。 Ortokeratinized歯原性嚢胞:系統的レビュー。 DentomaxillofacRadiol。 2010年12月; 39(8):455-467。
Meghanand T. Nayak、Anjali Singh、Abhisek Singhvi、Rohit Sharma歯原性角化嚢胞:名前には何が含まれていますか? J Nat SciBiolMed。 2013年7月-12月;4(2):282-285

ブログ一覧ページへ戻る

医療法人財団興学会
新橋歯科医科診療所

新橋歯科医科診療所ビル

新橋歯科医科診療所ビル2

住所:〒105-0004
東京都港区新橋4-9-1 新橋プラザビル2階

アクセス:JR新橋駅から徒歩3分

電話番号:03-3437-3880

駐車場:近隣のコインパーキングをご利用ください

ご利用可能カード

  • VISA
  • mastercard
  • JCB
  • Nicos
  • UFJcard
  • AMERICAN EXPRESS
  • Diners Club INTERNATIONAL
午前 9:30 ~
午後 1:00
×
午後 2:00 ~
午後 6:30
×

○歯科診療/ダイエット外来/ボトックス外来/点滴外来

スタッフ募集中 採用に関する情報はこちら

提携・加盟団体

当院では、歯科医療に関わる様々な企業・組織団体に提携・加盟し、
得られた知識・技術を治療に活かしています

  • 一般財団法人 日本スウェーデン歯科学会

  • 特定非営利活動法人 日本歯周病学会

  • 公益社団法人 日本口腔インプラント学会

  • TOKYO DENTAL COLLEGE 東京歯科大学

  • GOTEBORGS UNIVERSITET

  • 東京大学大学院 医学系研究科・医学部

  • 公益社団法人 日本口腔外科学会

  • Medical Note

審美歯科

ダイエット外来

無料ご相談窓口Web予約

ウェブ予約はこちら

トップへ戻る

お急ぎの方、直接相談
したい方はお気軽に
お電話ください

000-000-0000

受付時間:10:00~17:00

資料請求をご希望の方はこちら

お問い合わせフォームはこちら

閉じる