虫歯予防は生まれた時から始められる。「授乳」と「齲蝕(うしょく)」のリスクとは | 新橋歯科医科診療所

興学会とスウェーデン歯科の取り組み情報サイト

虫歯予防は生まれた時から始められる。「授乳」と「齲蝕(うしょく)」のリスクとは

授乳とう蝕のリスク

母乳と代替品や、母乳を与える年齢や与え方によっても違いが?虫歯リスクを高めないために必要な知識

「齲蝕(うしょく)」とは、歯の崩壊を表す言葉であり、一般的には私たちにもとても身近な「虫歯」のことです。
子供の頃もはもちろん、大人になっても苦手意識を持つ人が多い歯科治療。その中でも虫歯は、生命が誕生し、必要不可欠な栄養を摂取する時期からそのリスクが存在し、この時期からの予防によっても虫歯との付き合い方が変わってくるかもしれません。
その赤ちゃんには必要不可欠な「母乳育児」による齲蝕は、小児歯科で確立された概念であり、多くの母親は、予防歯科看護師、歯科衛生士、歯科医により下記のようなアドバイスをもらいます。
私たちの体は複雑な構造であり、健康を維持するためにはすべてが機能していなければなりません。また、人生の最初の数年間で、その後の小児期、青年期、成人期の良好な歯の健康を保つための条件が備えられるのです。毎年1~3歳の小集団の子供たちが虫歯になり、その原因のひとつに「母乳育児」があり、その他にも「砂糖を加えた食事」と「フッ化物歯磨き粉による不十分な歯磨き」が挙げられています。

人間のミルク(母乳)

栄養として母乳のみを摂取する赤ちゃんは、口腔内の環境と歯を保護する特性を備えた「完全食」を摂取することができます(1)。一方で、母乳代替品を摂取した赤ちゃんにとっては、メーカーが母乳の特性により近いものを再現できることが条件になってきます(2)。

人間のミルクである母乳は、牛のミルクよりも甘いのです。牛乳と同様、この甘さは「砂糖乳糖」によるものです。母乳は牛乳に比べて乳糖の含有量がわずかに多いため、母乳育児が虫歯を引き起こす可能性があるかどうかは長い間議論されてきました。乳糖は重要なエネルギー源であり、脳の発達も促進します。乳糖による齲蝕の原因は、ショ糖、ブドウ糖、果糖、転化糖に比べて低く、母乳が齲蝕を引き起こすという明確な科学的証拠はありません(3)。また母乳には、オリゴ糖=炭水化物も多く含まれています。オリゴ糖は、健康なバクテリアがそれらを栄養として使用できる一方で、あまり望ましくないバクテリアでは必要な分解能力に欠けているという点で、健康な口腔および腸内細菌叢を促進します。
最近の研究では、これらのオリゴ糖が病原となるバクテリアが、健康な細胞に付着するのを防ぐことが分かっています(4)。

母乳育児

母乳育児をする母親の割合は時代とともに変化し、近年は減少傾向にあり、 2004年にはスウェーデンの子供の72%が生後6か月まで母乳で育てられたのに対し、2018年には63%強でした(5)。生後12か月の子供では、母乳育児の割合が2010年の16%から2018年の28%に増加しました(5)。生後6か月までの完全母乳育児と、子供のための他の食品を補完するものとしての継続的な母乳育児は、スウェーデン国家食品管理局によって推奨されています(6)。

母乳と口腔の健康

1930年代から1940年代にかけてにおける、子供たちが母乳だけで育てられ他の形態の栄養を摂取しなかったグループに関する初期の研究では、3歳になるまで齲蝕の発生率は非常に低く、わずか0.5~1.2%でした(7,8)。研究によると、母乳は牛乳のように虫歯のpHを低下させず、エナメル質を脱灰しないことも示されています(9)。一方、発酵性炭水化物と母乳の存在下では、細菌の酸産生能(歯を溶かす力)の増加が見られ、これにより虫歯のリスクも増加するとの報告がされています(9)。


母乳育児と虫歯の関係

12か月未満の母乳育児の子供は、虫歯から守られていると思われます。有効な研究をまとめると、生後12か月まで母乳で育てられている子供には相関関係が見られず、12か月から24か月の間に弱い相関関係が見られます。 また、2歳以降に子供が母乳で育てられた場合には、虫歯のリスクがあります(10,11)。ほとんどの場合、子供は母乳と食事とを組み合わせて摂取しています。通常の食事に加えて頻繁な母乳育児が行われる場合は、特に歯磨きが行われない場合に虫歯のリスクがあります。

齲蝕は多くの要因に起因します: (I)齲蝕原性細菌の存在; (II)炭水化物(糖分の多い食品)が豊富な食事で、多くのスナックや夜食に関連しています。 (III)口腔衛生がない、または不十分である。 (IV)フッ化物供給の欠如 (V)子供の感受性。虫歯の発症を防ぐために今日私たちが持っている最も重要な戦略は、フッ化物を含む歯磨き粉で歯を1日2回歯を磨き、間食を避け、食事に追加された砂糖の摂取を最小限に抑えることです。多くの研究は、頻繁な砂糖の消費が乳児の虫歯のリスクを高めることを示しています(12)。


結論

母乳育児の健康上の利点と虫歯との関係についての確固たる知識の欠如を考慮して、歯科医は生後6か月までの完全母乳育児と、12か月までの他の食品を補完する母乳育児に関する現在の推奨事項への準拠をサポートする必要があります。

赤ちゃんに砂糖を加えた食事を与えている間に頻繁に母乳を与え育てることは、虫歯のリスクを高めます。

妊産婦は、歯科医療と連携して母子保健を通じて教育を受けるべきです。食事に関する一般的な知識に加えて、教育では、砂糖を加えた食品や甘い飲み物、主な食事に加えて多くの軽食、夜食を与えないこと、頻繁に摂取すると齲蝕のリスクが高まること、朝食-昼食-夕食を重視する必要があります。

子供に最初の歯が生えてきたら、朝晩、推奨量のフッ化物歯磨き粉を使った歯磨きを導入する必要があります。


参考文献

1.Lessen R、Kavanagh K.栄養学および栄養学のアカデミーの位置:母乳育児の促進と支援。 JAcadNutrダイエット。 2015; 115:444-449
2. Martin CR、Ling PR、BlackburnGL。 。乳児の摂食のレビュー:母乳と乳児用調製粉乳の主な特徴。栄養素。 2016; 8:279。
3.ホワイトW.母乳育児と幼児期の齲蝕のリスク。エビッドベースのへこみ。 2008; 9:86-88。
4. Davis JC、etal。母乳で育てられた乳児の糞便中のオリゴ糖の同定とそれらの腸内微生物群集との相関モルセルプロテオミクス。 2016; 15:2987-3002。
5. https://www.socialstyrelsen.se/statistik-och-data/statistik/statistikamnen/amning/
6. https://www.livsmedelsverket.se/globalassets/publikationsdatabas/handbocker-verktyg/bra-mat-for-barn-0-5-ar—handledning-for-barnhalsovarden.pdf
7. Rosebury T、KarshanM.さまざまな程度の虫歯を伴うKuskokwimエスキモーの食習慣。 JDentRes。 1937; 16:307–309。
8.RestarskiJS。純血のサモア人の間での虫歯の発生率。アメリカ海軍メッドブル。 1943; 41:1713-1715。
9. Erickson PR、MazhariE.齲蝕発生におけるヒト母乳の役割の調査。小児のへこみ。 1999; 21:86–90。
10. Branger B、etal。母乳育児と幼児期の虫歯。文献、推奨事項、および予防のレビューArchPediatr。 2019; 26:497–503。
11. Moynihan P、etal。幼児期の齲蝕のリスクを変更する要因に関連するエビデンスの系統的レビュー。 JDR ClinTransRes。 2019; 4:202–216。
12. Paglia L、etal。幼児期の齲蝕における家族性および食事の危険因子。 Eur JPaediatrDent。 2016; 17:93-99。

ブログ一覧ページへ戻る

医療法人財団興学会
新橋歯科医科診療所

新橋歯科医科診療所ビル

新橋歯科医科診療所ビル2

住所:〒105-0004
東京都港区新橋4-9-1 新橋プラザビル2階

アクセス:JR新橋駅から徒歩3分

電話番号:03-3437-3880

駐車場:近隣のコインパーキングをご利用ください

ご利用可能カード

  • VISA
  • mastercard
  • JCB
  • Nicos
  • UFJcard
  • AMERICAN EXPRESS
  • Diners Club INTERNATIONAL
午前 9:30 ~
午後 1:00
×
午後 2:00 ~
午後 6:30
×

○歯科診療/ダイエット外来/ボトックス外来/点滴外来

スタッフ募集中 採用に関する情報はこちら

提携・加盟団体

当院では、歯科医療に関わる様々な企業・組織団体に提携・加盟し、
得られた知識・技術を治療に活かしています

  • 一般財団法人 日本スウェーデン歯科学会

  • 特定非営利活動法人 日本歯周病学会

  • 公益社団法人 日本口腔インプラント学会

  • TOKYO DENTAL COLLEGE 東京歯科大学

  • GOTEBORGS UNIVERSITET

  • 東京大学大学院 医学系研究科・医学部

  • 公益社団法人 日本口腔外科学会

  • Medical Note

審美歯科

ダイエット外来

無料ご相談窓口Web予約

ウェブ予約はこちら

トップへ戻る

お急ぎの方、直接相談
したい方はお気軽に
お電話ください

000-000-0000

受付時間:10:00~17:00

資料請求をご希望の方はこちら

お問い合わせフォームはこちら

閉じる